連載/「タバコの害について」のガイとの稽古 第3回

連載/「タバコの害について」のガイとの稽古 第3回



 「タバコの害について」のガイとの稽古 3



 「俺は間違っている」──。
 ある日のレッスンでエクササイズ終了後、ガイがそう言った。何のことを間違っていると言ったのか、私は聞き返さなかったが、内心、ニヤッとした。「何かが違うぞ」という引っ掛かりが生まれた程度なのかも知れない。
が、しかし、ガイはきっぱりと、また力むことなく「俺は間違っている」と言ったのだ。私はちょっと驚いてもいた。
 長いつき合いになるが、これまでのガイのキャラクターのなかにこう言い切る言葉は見当たらない。プライドの高い俳優たちからはなかなか聞かれない言葉だし、俳優じゃなくとも、年齢を重ね、キャリアを重ねるにつけ口からは出てこなくなる言葉でもある。

 それからしばらくたったある日のクラスでのこと。
 〈図書館に調べ物をしにやってきた〉というごく簡単なエチュードをやった。

 まず、エチュードについては少し書いておきたい事がある。
 長いこと芝居をやってきた俳優たちのなかには、〈エチュードは養成所の生徒たちがやることで、キャリアのある俳優のやることではない〉と思っている人たちがたくさんいる。
 しかし、音楽家であれ、バレエや舞踊家であれ、基礎練習は欠かせないものだ。
 例えば画家のデッサンの勉強を考えてもらいたい。
 画家が描写力を身につけるまでにどれほどデッサンの勉強をするか・・・。そして力をつけ、作品が評価されるようになったあとでさえ、いろいろな形でデッサンの力は磨かれていく。
 俳優の演技にも画家のデッサンと同じように時間をかけてきちんと身につけなければならない演技の基礎というものがあるのだ。それは若いときにやったからもう必要がないというものではない。
 何より、日本の俳優教育に欠けているのがこの「演技の基礎」なのだ。

 さて、話はガイのエチュードである。
 ガイは丁寧にエチュードに取り組んでいる。悪くない。だが見終わったあと、私は〈俳優に求められる集中〉について話をした。集中の仕方から見直しをはじめよう。

 舞台上の空間のなかで、俳優は特別な集中力を求められる。
 多くの日本の俳優は気持ちを内側に向けて演技するので、身体が閉じた状態になりやすい。
 目が自分の内側を向いてしまって、外の世界を見ていない。相手役も見ていない。
 まあ、相手のセリフも聞いていないのだが・・・。
 自分の集中の妨げになるようなものは一切無視してしまう。ある意味、それが集中することだと勘違いしているのかも知れない。

 しかし、俳優はリアリストでなければいけない!

 課題をはじめる前に、まず自分の外の世界を見よう。客席がどうなっているのか、舞台上に何があるのか、何が見えるか・・・。まず、自分がこれから出ていく場所をきちんと見ること。自分に取り込むこと。その上で芝居の世界に集中していくのだ。
 大きな想像力と強い集中力、そして、その世界にいること──。

 ガイは「集中の仕方が違っていた。実際に目に見えるものを見ないようにしていた」と言ってすぐに納得した。その後エクササイズをはじめた時には、これまでのやり方を変え、時間をかけて自分の周りをよく見はじめた。ガイの目が生きた目に変わった。すると顔つきが変わった。表情が開いている。ああ、ガイの存在が変わってきた! 

 さて、数日後のシーンワーク
 クラスで「タバコの害について」がはじまる。ニューヒンはどう登場してくるのか・・・! うん? あれ? そこには混乱したガイの姿があった。そうか、なるほど・・・。
 集中の仕方が変わったことで、身体の状態も変わる。以前のようにセリフを語ることができなくなる。何をどうはじめて良いのか分からなくなってしまったようだ。
 とにかく今、ガイに大きな変化がうまれている! 

 こうなったとき俳優は最悪! しかし、こうなってからが楽しみ! ようやく新しい稽古ができるかも知れない!


  (つづく)


 「タバコの害について」のガイとの稽古 第1回へ
 「タバコの害について」のガイとの稽古 第2回へ




 チェーホフ「熊」の舞台写真は下記のリンクへ

 中目黒・楽屋公演 咲良舎ランチシアター「チェホンテ・ア・ラ・カルト2」舞台写真

 中目黒・楽屋公演 咲良舎ランチシアター「チェホンテ・ア・ラ・カルト1」舞台写真


 追記 2013年12月22日に、SAKURA ACTING PLACEでは体験ワークショップを開催いたします。



 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

blogram投票ボタン  ←ブログランキング&成分解析サービス「blogram」に参加してます。こちらをクリックお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

連載/「タバコの害について」のガイとの稽古 第2回

連載/「タバコの害について」のガイとの稽古 第2回



 「タバコの害について」のガイとの稽古 2


 俳優が、頭のどこかで「演技とはこういうもの」と思い込んで演じる演技がある。
 頭のなかに自分が創り上げたイメージがあって、そのイメージのなかで演じる。
 プロ、アマを問わず、日本にはこういうタイプの俳優がたくさんいる。
 このような俳優の目は何も見ていない。
 行動がパターン化され、声を大きくはり、セリフも動きも紋切り型で・・・等々。
 先日もまさしくそんな演技を劇場でみたばかりだが、彼の滝のような汗がなんとも痛々しかった。
 
 問題は、俳優自身、自分がどんな演技をしているか気づきにくいこと。
 また、何かおかしいと気づいても何をどうしたら良いか分からないこと。
 ベテラン俳優のなかには長年そうした演技をやってきて、どんなにおかしかろうが自分のやり方を改めたくない(改められない?)俳優もいる。ひょっとした事で客に受けたりすると、もう改めるなんてものじゃなくなる。 

 さて、今回のテキスト「タバコの害について」だが、チェーホフのヴォードビル喜劇だ。ヴォードビルとは、日本では歌や曲芸などを組み合わせた寄席演芸的なショーをいうようだが、元はフランスで興った風刺的風俗劇(歌・踊り・黙劇などが間に入る)だ。ヴォードビルを演じる者をヴォードヴィリアンと言うが、チャップリンやキートンなどを思い出してもらえればいい。彼らはヴォードビルやミュージック・ホールで人気をはくしたヴォードヴィリアンであり、のちに映画産業に入って活躍した。

 話をもどすと、つまり、ヴォードビル喜劇「タバコの害について」の主人公ニューヒンを生かすも殺すもまったく俳優次第というわけで、まずは芸達者な俳優の、ある種の喜劇的な演技が頭に浮かぶが・・・しかし、いやいや、これはチェーホフの喜劇なのだ、一筋縄ではいかない。1886年に最初書かれたものを、チェーホフは1902年、登場人物ニューヒンだけを残して新たに書き下ろしている。死の2年前だ。

 さあ、どうするっ、俳優ガイ!?

 実はガイは、昔、あるバラエティ番組の人気コーナー「○○コメディアン道場」というお笑い勝ち抜き合戦で優勝し、番組のレギュラーとなり、人気者だったことがある。その素質がニューヒンに生かされるなら面白い芝居ができるかも知れないと内心期待したものだが、お笑い経験が裏目に出るということもある。

 ガイはヴォードビル喜劇の演技を追いかけているようにも見えないのだが、いわゆる「演技とはこういうもの」タイプの演技、頭のなかにイメージされている演技が、いくら違うと説明されても、毎回、稽古で繰り返される。
 自分がこだわる頭のなかの演技をやりたいのだが、結局、身体が固まって動かず、講演で話すニューヒンのセリフに囚われて、声をはってセリフを喋る。
 その度にそれをやめさせて、何もしないで舞台に立つことから集中し直す。

 ある種の俳優にとって「何もしない」つまり「演技をしない」ことはかなり抵抗のあることらしく、要求されると怒りをあらわにする俳優が少なくない。
 ガイも以前は抵抗があったようで、すぐにはやり直せなかったことだが、今では素直にこちらの指示通りに自分の状態をもっていかれるようになった。有難い!
 ガイは「演じること」をすっかりやめて舞台に立つ。すると一瞬にして何者かがそこにいて、こちらを見ている。程なくセリフを語りはじめると、先ほどとは丸で別の、顔も声も違う存在だ。

 その時の体験を後日、ガイはこんなふうにメールで送ってきた。
 『さくらさん、それは、放った台詞が自分に返ってきて、今起こっている事のようにリアルに感じられる瞬間でした。 役としての存在感があった──』

 やっと掴んでくれた!これで次回からは稽古が変わるぞ! 
 私は密かに一人ほくそ笑んでいたのだが・・・しかし! しかし、なのだ! ガイは──、ああ、ガイは──!

 その次の稽古でのことだ! なんと、これまでやっていた「演技とはこういうもの」が繰り返されたのだ!
 こちらの驚きと大きな失望! 我慢強く、もう一度説明し直し、何もしない状態で舞台に立つところからやり直す。すると瞬く間に生きた存在が現れ、次第にセリフはいろいろな感触を伝えはじめる──。

 こんな稽古を何度か繰り返し、ある時、自分のこだわりの演技を最後までやり通したあと、ガイはその場にうなだれて「これじゃダメだ」とつぶやいた。「俺のやりたい演技は、これじゃない」!
 その帰り道だったと思う。「自分のエゴと戦ってるんだ」ガイは何気なくしゃべっていたが、これこそが数多くの俳優たちが戦う「己との戦い」だと思った。

  (つづく)


 「タバコの害について」のガイとの稽古 第1回へ


 チェーホフ「熊」の舞台写真は下記のリンクへ

 中目黒・楽屋公演 咲良舎ランチシアター「チェホンテ・ア・ラ・カルト2」舞台写真

 中目黒・楽屋公演 咲良舎ランチシアター「チェホンテ・ア・ラ・カルト1」舞台写真


 追記 2013年12月22日に、SAKURA ACTING PLACEでは体験ワークショップを開催いたします。



 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

blogram投票ボタン  ←ブログランキング&成分解析サービス「blogram」に参加してます。こちらをクリックお願いします。

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

連載/「タバコの害について」のガイとの稽古 第1回

連載/「タバコの害について」のガイとの稽古 第1回



 「タバコの害について」のガイとの稽古 1


 シーンワークの勉強のために、最初にこの台本を取り上げてからもう1年は過ぎただろう。台本はチェーホフ一人芝居「タバコの害について」。たった一人の登場人物ニューヒンを演じるのは俳優ガイ

 上演目標は勿論あるのだけれど、公演日を決めて稽古していくわけではなく、昨年のランチシアターでやったチェーホフの「熊」に引き続き、チェーホフの短編をテキストに、今回は演技の基礎から徹底的に取り組みたいという本人の強い希望があって、じっくり稽古をやっていくことにした。

 それにしても・・・、なかなか稽古が進まない。
 どこから取りかかったら良いのかさっぱり分からない・・・というのが当初の本音だった。
 ニューヒンが演壇で語る講演の内容は全くとりとめもなく、ロシア演劇の専門の先生がたに聞いても作品のことはよく分からない。
 その上、いろいろな事情も重なって週2回の稽古は休みがち。チンタラ、ホイタラ、ホイタラ、チンタラ・・・あ~あ、腹をくくって長期戦に構えるしかない。

 しかし、時の積み重ねとはすごいものだと思う。手探り状態をジワジワと続けるうちにガイの演技に変化がみえはじめた。1回ごとのレッスンに何かがおこる。面白くなってきた!
それは俳優の〈楽器〉への自覚であったり、意識の変化であったり、舞台上に「いる」感覚の発見だったり・・・。
 こういったことは、すべて〈プライベート・モーメント〉というメソード演技のレッスンのなかで俳優におこっていく。勿論、人それぞれなので、個々の違いはあるが。

 台本中心の稽古の方は、〈プライベート・モーメント〉でつかんだ感覚をまだ応用できないでいる。つまり、台本のセリフによって自分が作り上げたイメージに縛られて、俳優は身動きできなくなってしまう。この固定概念が壊れなければ俳優は自由になれない。それはこれからの作業だ。

 ガイは、まだ自分の作りあげたイメージを自力で壊せないけれど、客席側から誘導していくと自分の呪縛から自由になっていく。するとそれまでの死んだような演技はみるみる息を吹き返し、ニューヒンは生きた人物となって、芝居は俄然面白くなっていく。
 舞台上で演技している自分の状態を、演じながら修正していくことができるようになってきたのだ。

 メソード演技を通して俳優は何をどう体験していくのか、ガイとはじめた「タバコの害について」の稽古を楽しみながら、そのプロセスを追っていきたい。

  (つづく)



 チェーホフ「熊」の舞台写真は下記のリンクへ

 中目黒・楽屋公演 咲良舎ランチシアター「チェホンテ・ア・ラ・カルト2」舞台写真

 中目黒・楽屋公演 咲良舎ランチシアター「チェホンテ・ア・ラ・カルト1」舞台写真


 追記 2013年12月22日に、SAKURA ACTING PLACEでは体験ワークショップを開催いたします。



 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

blogram投票ボタン  ←ブログランキング&成分解析サービス「blogram」に参加してます。こちらをクリックお願いします。

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

FC2カウンター
2008年10月20日から数えて
プロフィール

sakuramoriwa

Author:sakuramoriwa
守輪咲良。演出家。演技私塾「櫻塾」代表。劇集団「咲良舎」主宰。日本演出者協会会員。一般社団法人日露演劇会議・常務理事。明治大学文学部卒。札幌市出身。

リンク
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード