スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーチがおもしろい! ~発声からセリフ術までを含むトータルなヴォイストレーニング~

守輪咲良の活動日記NO.53


レーチがおもしろい!
~発声からセリフ術までを含むトータルなヴォイストレーニング~


 サンクト・ペテルブルク演劇大学に演出を学んだ西村洋一氏SAPメンバーのためにレーチを指導してくれることになって、その第一回目が6月19日に開催された。守輪もみんなと一緒に参加、充実した2時間を過ごした。

 一般に俳優の基礎訓練には発声、滑舌、腹筋、柔軟運動などいろいろあるが、それぞれ別々に指導され、あとはテキストを使っての勉強となることが多いのではないかと思う。そのため、言葉は言葉、身体は身体、感情は感情とバラバラになりやすい。舞台上で俳優が自然な演技を求められる場合、いろいろな問題が生じてくる。ひとつひとつに意識が行き過ぎて、構えが入るなどはその一例だ。

 セリフは俳優の内面と声や言葉や考えとがつながり、俳優の身体を通して語られたい。そして行動につながりたい。特に心の動き(感情)が加わり、相手役とのやりとりが加わることによって演技の問題はさらに複雑になる。
 スタニスラフスキー・システムでは古くからこの問題の解決への研究がすすんでいて、今回私たちが体験したレーチはそのトータルな訓練方法なのだ。

 メソード演技について言えば、「感覚の訓練」が俳優の楽器のためのトータルな訓練になっている。多くの演劇人に誤解されているようだが、感情解放だけが目的ではない! 身体の緊張からの解放、心の動き(感情)、身体の動き、声、セリフ(言葉)、考えなどをつなげ、コントロールする能力を育てる総合的な訓練なのだ。訓練は俳優の心身を自由にし、固定概念を壊し、想像力をひろげ、自由な発想を促すことに役立っている。

 さて西村さんのワークショップに話を戻そう。
 二人でのやり取りが中心だったが、相手との間におこるものを常に大切にすることが基本。身体を使って動きながら、意味のない言葉(ムモマメミ)を繰り返し唱えてやりとりする。
 いろいろなパターンを繰り返しやりとりしているうちに、身体が慣れてきて楽になっていく。
 そして最後に二人一組ずつ前へ出てやってみる。それぞれが右手で蛇の頭をつくり、自分はその蛇を操る人形使いのようになる。舞台を自由に動きながら、ムモマメミを繰り返し、短いセリフを間にはさみ込む。二人の間に何がおこるか・・・即興でのやりとりがはじまる。しばらく続けていると、気持ちが動いてきて二人のセリフのやり取りがいろいろに変化していく。これが実に楽しかった!
 考えている暇がないので、意識がひとつ一つに行き過ぎないため、構えが入らない。思いがけない面白いやりとりが生まれる。

 こうして2時間があっと言う間に過ぎた。帰りはみんなで美味しいビールとおしゃべりで盛り上がり! さて次はどんなことをやるのだろう。とても楽しみなのだ! 

 次回は7月29日(火)18:30~20:30
 問い合わせ、参加希望の方は守輪まで。

----------------------------------------------------------------------

 守輪咲良の主催するSAKURA ACTING PLACEへの参加方法、劇集団咲良舎の上演記録、ワークショップ等の詳しい情報はSAKURA ACTING PLACE

blogram投票ボタン  ←ブログランキング&成分解析サービス「blogram」に参加してます。こちらをクリックお願いします。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらもクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT


----------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

守輪咲良の活動日記NO.52「サロン・ド・イオロイ」とルッサンの「狐と狸」

守輪咲良の活動日記NO.52


 サロン・ド・イオロイ」とルッサンの「狐と狸」


 今年に入って密かにサロン・ド・イオロイの立ち上げ準備を進めていたが、いよいよ本番が近づいた。劇場とは違った、生活空間がそのまま芝居世界へとつながったサロンでの試みで、来ていただいた方々からどんな声が聞かれるものか・・・やってみなければ分からないことだらけである。
 最初の立ち上げ記念作品は、古いヴールヴァール喜劇。古いと言っても1949年に初演のアンドレ・ルッサン作「狐と狸」である。戦後すぐのパリで大いに観客を笑わせたらしい。

 題名の「狐と狸」は原文を直訳すると「騙された人たちの学校」だという。
 フランスの古典喜劇には「女房学校」「亭主学校」など「学校」がつく作品が多いが、それをもじったものか・・・。
 しかし、「騙された」とは誰が騙されたのか・・・? 互いに騙し合う姿はよく見えるのだが・・・。登場人物は女2人、男1人の3人だけ。ブルジョワ夫婦と妻の親友である。夫と妻の親友は恋人関係にあり、妻がその証拠?を見つけたところから芝居が始まる。

 さて稽古は──、芝居の設定を文字通り受け取ると役者の演技が重くなって喜劇から遠ざかる。ドタバタ喜劇風に軽くやると実につまらない芝居になる。
 そのうち分からないセリフが次々と出てきて、まるで謎解きをしているようだ。
 その度にみんなと話し合う。稽古が再開され、演出は重くなりがちな演技を整えていく。こうして稽古が進み、役者の演技からいらないものがなくなっていき、シンプルになるにつれ、しだいに3人の生きた人間が見えてきた。するとなるほど、一人一人の人間模様がちゃんと描かれているのが分かってくる! でもそれは文学的にではなく、生活のなかにある日常会話のやりとりから伝わってくるから面白い! 

 ヴールヴァール喜劇は大衆軽喜劇。アヴァンチュール大好きなフランスの男女のやりとりは、私たちには一見現実味のない設定に見えたりするのだが、ルッサンの描く人間模様は実にリアルな大人の男と女たちだった。ルッサン「現代のモリエール」と言われる由縁だ。

 読解が難しかったのには翻訳の問題もある。大いにある! 
 先週、早稲田の演劇博物館へ出かけていって、原文のコピーを取らせてもらった。よく分からないセリフを原文と照らし合わせて頂こうというのだが、本番まであと数日! それでもサロン・ド・イオロイは気長にじっくり断続的に上演を続けるつもりなので、慌てることはない。やるべき事をやっていこう。

 さて、サロン・ド・イオロイは今のところ一般公開をひかえて、お客様は招待制となっている。ごく限られた空間であり、かなり実験的な試みでもある。
 お茶やワインをいただきながら、週末の午後のひととき、しゃれた大人のお芝居をゆったり楽しんでもらえるよう──、そうして私たちは少しでも質の良いお芝居が提供できるよう──、切磋琢磨していきたいと思っている。



----------------------------------------------------------------------

 守輪咲良の主催するSAKURA ACTING PLACEへの参加方法、劇集団咲良舎の上演記録、ワークショップ等の詳しい情報はSAKURA ACTING PLACE

blogram投票ボタン  ←ブログランキング&成分解析サービス「blogram」に参加してます。こちらをクリックお願いします。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらもクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT


----------------------------------------------------------------------

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

守輪咲良の活動日記NO.51「【裸にしたい男】竹野内豊さんのプライベート・レッスン」

守輪咲良の活動日記NO.51


 【裸にしたい男】竹野内豊さんのプライベート・レッスン



 昨年10月に、NHKBSプレミアムで放映された「裸にしたい男」竹野内豊編をみた。
 竹野内さんがNew York でメソード演技のプライベート・レッスンを一週間受け、そのプロセスをカメラが追う。前編と後編、二度にわたっての放送になっている。
 コーチはエミー賞トニー賞などに輝くイーライ・ウォラックの娘、ロベルタ・ウォラック。サム・シェパード作「心の嘘」からジェイク役のモノローグを使用。

 竹野内さんは演技の訓練を受けたことがなく、一度受けてみたい気持ちがなくはないが、積極的な欲求があったわけではないらしい。NHKBSはなんて素晴らしい企画を組んでくれたのだろう。昨年7月、竹野内さんの特訓がはじまった。

 レッスンは役の人物を探ることからはじまった。相手役と向き合ってジェイクの内面からの声を探る。竹野内さんは感じていることを声に出すことが難しい。初日から自分のなかの抵抗感にぶつかる。頭で考えてしまって衝動にのっていけないのだ。
 次に相手役の動きに合わせて動くことを要求される。動きながら声を出すが、声と身体の動きがつながらない。言葉と動きはつながっているもの、身体は行動をもっているもの──なのだが、考えてしまうので、身体と言葉が つながっていかない。大きな抵抗感と戦っているようだ。
 こうして俳優の問題が明らかになっていく。ロベルタはまた、竹野内さんの「自分を客観的に見るくせ」、「頭を掻くくせ」などの問題を指摘しながら、それは竹野内さんのものでジェイクではないことを知らしめ、ジェイク探しへと追い詰めていく。

 メソード演技は内面からの演技であり、俳優に問題意識がなければ自分と向き合うこともないだろう。これまで訓練経験のない俳優が一週間や10日くらい指導を受けたからといって、簡単に自分の演技の本質を変えられるほど、俳優の演技の問題は単純ではない。
 何より、カメラやスタッフを前にこれまで人には見せたことのない自分をさらしていかなければならない。見せたくない自分を公開していく──プレッシャーとの戦いが続く。番組のタイトル通り、俳優は裸にされていくのだ。大きな戸惑いと葛藤に揺れながら、一度はレッスンそのものを中断してしまう事態もおこるのだが、レッスンの終盤が近づくにつれ、しだいにカメラも周りのスタッフも気にしなくなっていく竹野内さんがいる。
 自分の内面をみつめ、自分と向き合い、戦い、チャレンジしていく。一週間でよくここまでチャレンジしたと思う。日本を離れ、演劇の都ニューヨークという異国でのレッスンであることも、大きくプラスになっているように思う。

 日本でメソード演技の指導をはじめて、竹野内さんと同じような問題を抱えた俳優を大勢みてきた。セリフを感情で言おうとするが、セリフと身体とは別もので、身体は動かなくなる。典型的な日本人の演技で、だからみんな同じような演技になる。そのパターンを壊すのは大仕事だ。しかし、日本の俳優の演技の向上を考えるなら、このパターンを壊すところからしか始まらないと思う。残念ながら俳優としての問題意識が上がっていかなければ、壊す必要性にも迫られない。それが一番の問題かも知れない。

 レッスンが終わって、竹野内さんはロベルタに感謝していると言う。人の目をどうしても意識してしまう世界から、人の目に囲まれながら、気にせず自分の世界に集中することを知った竹野内さん。う〜ん、私もファンになってしまうかも・・・!



----------------------------------------------------------------------

 守輪咲良の主催するSAKURA ACTING PLACEへの参加方法、劇集団咲良舎の上演記録、ワークショップ等の詳しい情報はSAKURA ACTING PLACE

blogram投票ボタン  ←ブログランキング&成分解析サービス「blogram」に参加してます。こちらをクリックお願いします。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらもクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT


----------------------------------------------------------------------

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

守輪咲良の活動日記NO.50「2つのワークショップin SAPPORO」

守輪咲良の活動日記NO.50


 2つのワークショップin SAPPORO



 7月、8月と、この夏は演劇ワークショップのために二度、札幌を訪れた。

 北海道の空はこの時期、晴れると見事に青く澄み渡り、大きく高く拡がって、北海道生まれの私はこの空と空気で細胞のひとつひとつまでもが生き返るようだ。
 アメリカでもヨーロッパでも沖縄でも素晴らしい自然に感動した経験は数多くあるけれど、生まれ育った土地の自然というものは不思議な一体感があって、他のどんな素晴らしい自然とも別な気がする。
 そんな北海道に演劇ワークショップのために通えるなんて、すごい幸せなことだ。

 まず7月は、北海道芸術高等学校で開催された(社)日露演劇会議主催の「ハイスクール・ドラマキャンプin札幌」
 学校の協力を得て、高校生だけを対象にして行われた初めての演劇ワークショップだ。(社)日露演劇会議では、日本の学生に世界のスタンダードな演技の基礎を体験してもらおうと、2010年より高校生大学生対象のワークショップを開催している。さて、今回は1年生から3年生まで18名の参加者。
 ヴォイスやまもとのりこさんと演技守輪の2人で2日間にわたって行われた。詳細は日露演劇会議のホームページに書いたので、是非、そちらを覗いて欲しい。

 http://www.jrtf.jp/


 8月は、札幌市教育文化会館で毎年夏に行われている「教文演劇フェスティバル」での「守輪咲良メソード演技ワークショップ」、今年で5年目になる。
 参加者はいろいろで、劇団所属の俳優、演技に興味のある人、数は少ないが高校生、今回は初めて中学生の参加もあった。
 3日間のワークショップとしてスタートしたが、次の年から4日間になった。
 つまり、守輪のワークショップを初めて受講する人たちのコースとリピーターのコースとに分かれたのだが、有難いことに多くのリピーターが毎回のように〈初めてコース〉も一緒に受講してくれたのだ。それはリピーターのコースではテキスト中心なので、基礎も受けたいと言うことなのだと思う。結局、両方のコースを受けてくれる人が多く、この5年間で述べ150人ほどの受講者だそうだ。

 東京で指導している時となにか手応えが違うような気がする。ピンからキリまでいろいろなワークショップに溢れている東京と違って、札幌の場合、参加者は選択がシンプルで集中しやすいようだし、また少しでも吸収しようと前向きで、私はとても新鮮な印象を受けた。
 初めの頃、参加した俳優にとってこれまで指摘されたことのない駄目出しが多かったようだ。当たり前にやってきたことを、守輪からはっきりそうじゃないと言われることもある。内心ショックを受けながらも、その事実に直面し変わっていこうとする。
 数年前までは東京でもこういった参加者が見られなかったろうか? 今はどうだろう? 自分と向き合い、変わっていこうとするのは容易なことではない。楽しむことが優先的となり、本質に欠いた刹那的なゲームで終わってしまううちに、演劇って何なのか? 何故やるのか分からなくなっていきはしないだろうか?
 さて札幌の場合、1回のワークショップ期間が短いだけに、無駄なく先へ進めていかなければならない。結局、与えられた個々の課題は自分でやっていくしかないのだ。

 こうして5年たって、毎回受講してきた俳優たちが、今回、舞台上に「いる」姿を見て、このワークショップをやってきて本当によかったと思った。
 余計な緊張もなく、癖もなく、シンプルにその場にいて自分のやっていることに集中していられるようになっている! 新しく参加した人たちに混じって演じていると、あきらかに違う存在だ。感慨深いものがある。

 そして、ここから初めて本格的に内面の深い演技へと進めていかれるのだ。

 さてどのように次へのスタートを切ることができるのか? 取り組みたい課題はいろいろある。このまま先へ進むには、新しい受講者と毎年欠かさず参加してきた受講者たちとの間に大きく差が出てきた。ここらで一度区切りをつけて、次へのステップに向かうことを考えたいと思う。まだ何も具体的なことは決まっていないけれど、考えるだけでもすごく楽しみだ。

 札幌の俳優たちの本格的な正統な演技の輪がひろがっていったら・・・力がついて評価されるようになっていったら・・・夢がまた夢を呼んで果てしなく・・・。

 というわけで、参加してくれた大勢の皆さん、このワークショップを企画し、5年間支えてくれたTさん、そして札幌市教育文化会館のスタッフの皆さま、長いこと本当に、本当にありがとうございました! 
 心から感謝の気持ちをお伝えすると共に、次なるステップへの実現に向けて、今後とも応援よろしくお願いいたします!!          

                          ドン・キホーテ・守輪


----------------------------------------------------------------------

 守輪咲良の主催するSAKURA ACTING PLACEへの参加方法、劇集団咲良舎の上演記録、ワークショップ等の詳しい情報はSAKURA ACTING PLACE

blogram投票ボタン  ←ブログランキング&成分解析サービス「blogram」に参加してます。こちらをクリックお願いします。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらもクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT


----------------------------------------------------------------------

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

守輪咲良の活動日記NO.49「ランチシアター」が終わって

守輪咲良の活動日記NO.49


 「ランチシアター」が終わって

 4月、5月、6月の中目黒・楽屋での「咲良舎ランチシアター」を、4月と6月に観にきて下さった方からハガキが届いた。
 4月に観たときに比べ、6月は完成度が高くなっていてびっくりしたと、大変に褒めて下さった。
 チェーホフ「熊」は短編ではあるが本当に大変な作品で、質の高い笑劇にはまだまだ及ばないことだらけなのは、私たちが一番自覚していることであるが、とにかく4月開幕まで、そして開幕のあとにも、稽古に稽古を重ねる日々が続いた。
 個性が強い、また役への思いが強い役者たちであればあるほど、アンサンブルをまとめるのに一苦労する。上手くいったと言っては、それはもう子供のように喜び合い、上手くいかなくなると今度は激しくぶつかり合う。何度ももう駄目か・・・と思ったが、不思議と芝居はよくなっていった。

 ほんとうにチェーホフは一筋縄ではいかない!
 昨年、シーンワーククラスで取り組み始めた頃は、全く歯がたたない状態だった。年が明けて「ランチシアター」としての上演が具体的になってから本格的に取り組みはじめたが、すったもんだした挙げ句ようやくセリフが聞こえるようになってきた頃に4月の開幕!
 その初日の幕開きに客席から笑い声がおこり、私たちはびっくりした。芝居が進むほど笑いが大きくなり、厨房の人たちが何事かと客席に出てきた。
 しかし、次の日には満席状態だったにも関わらず、客席は昨日とは全く違った空気につつまれた。一生懸命観てくれているのだが、どうしても笑い声にはとどかない。
 4月公演が終了後、5月にむけて、すぐにあらたな稽古がはじまったが、突然、スミルノーフ役が大きな芝居をやりはじめてから、稽古は俄然違ってきた。
一から作品づくりが始まったようだった。

 ニール・サイモン「名医先生」からの3作品は、4月の「水死芸人」「教育」に5月から「家庭教師」が加わり、キャストも6月には入れ替わるなどしてこちらの方も苦労はあったが、役者の成長がみられて稽古が楽しかった。

    ※    ※    ※

 3ヶ月にわたる今回の「ランチシアター」は想像以上に私たちのエネルギーを必要とし、また大きく勉強になりました。手伝ってくれたスタッフ、そしてご来店いただいたお客さまに心からお礼を申し上げる次第です。
 そして6月の公演終了後、ブログに書くにもこのように時間がかかってしまったことをお詫びいたします。

 また、これほどまでに私たちのエネルギーを注入してやむことのなかったチェーホフの作品を振り返りながら、アメリカの劇作家ニール・サイモン(「名医先生」)にも影響を与えたこの作家の大きさを、今さらながらあらためて受けとめている次第です。

 来週から新しいチェーホフの短編に取り組みはじめます。秋ごろにはまた皆さまにご案内できるよう頑張りたいと思います。どうぞ、ご期待ください!


  (守輪咲良)

----------------------------------------------------------------------

 守輪咲良の主催するSAKURA ACTING PLACEへの参加方法、劇集団咲良舎の上演記録、ワークショップ等の詳しい情報はSAKURA ACTING PLACE

blogram投票ボタン  ←ブログランキング&成分解析サービス「blogram」に参加してます。こちらをクリックお願いします。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらもクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT


----------------------------------------------------------------------

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

FC2カウンター
2008年10月20日から数えて
プロフィール

sakuramoriwa

Author:sakuramoriwa
守輪咲良。演出家。演技私塾「櫻塾」代表。劇集団「咲良舎」主宰。日本演出者協会会員。一般社団法人日露演劇会議・常務理事。明治大学文学部卒。札幌市出身。

リンク
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。