スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守輪咲良活動日記No.5 水を一杯飲むこと

守輪咲良活動日記No.5 水を一杯飲むこと

水を一杯飲むこと

早いもので、明日はもう12月31日。
「ブッダの教え一日一話」の12月31日にのっていた言葉から。

『水を一杯飲むことを、「簡単なことだ」と思ってはいけません。〈中略〉飲む行為を、頭のなかで、言葉できちんと確認しながら飲んでみましょう。手を伸ばす、水を注ぐ、コップをもつ、口元に運ぶ、口に当てる、水を口に注ぐ、味わう、飲む、水がのどを通る、また、手を伸ばす・・・。とてもスローに、十五分くらい時間をかけてやってみましょう。いまだかつて体験しなかったすばらしい発見がありますよ。』

ついでに1月1日から
『生きるとは、複雑なようであって、じつはとても単純です。歩いたり座ったり喋ったり、寝たり起きたり。それ以外、特別なことは何もありません。〈後略〉』

これ、実はまさしく俳優修業! 日常で私たちが何気なくやっていることを意識してみることからはじまる“art of living”そのもの。単純なことを役者は複雑にやりたがる。〈シンプルに!〉が一番むずかしい。俳優修業は人間修業!

     本屋のレジの側に山積みになっていた「ブッダの教え一日一話」より

 (守輪咲良)


 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

守輪咲良活動日記No.4新国立劇場「舞台は夢」観劇

守輪咲良活動日記No.4 新国立劇場「舞台は夢」

新国立劇場「舞台は夢」観劇

 新国立劇場「舞台は夢」を見た。400年近くも前にフランスで書かれた古典で喜劇。これが大変に面白い! 古典というけど、コルネイユがこの作品を書いたときには29才で、当時すでに大人気作家。当時の若者たちはコルネイユが書いた、パリのおしゃれな街の自分と同じような若者たちの恋愛遊戯に夢中になったと言う。パンフレットのなかの「芝居こそ流行の最先端」は面白かった。演劇ファンでまだ観ていないと言う方には、是非、お勧めしたい舞台です。

 まず舞台空間の成功!さすが島次郎さんだと思った。シンプルな装置に無駄のない仕掛けは素晴らしく遊びに満ち、また照明とも相まって、洞窟のなかで魔術師によって展開される、まさしく原題の「イリュージョン・コミック」の世界が楽しめる。この魔術師の正体が芝居のオチになっていて・・・。おっとっと、この先は是非、劇場で!ただ、魔術師は劇中でこう語るのです。

 『心配はご無用、今や演劇は、非常に高い地位にあり、人々に愛されている。あなた方の時代には軽蔑されておったが、今では良識ある人たち皆が愛好するものになり、都会の話題、地方の憧れだ。王侯貴族の甘美な慰み、庶民の無情の楽しみ、娯楽のうちでも第一のものになっている。劇場は今や、詩人がすばらしい技を繰り広げる舞台。』

 また、私にとっては、秋山菜津子さん、高田聖子さんという魅力ある女優さんの存在を初めて知るきっかけにもなった。

 (守輪咲良)


 詳しくは新国立劇場「舞台は夢」の情報を御覧ください。

 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

「愛と偶然の戯れ」舞台写真最終回

愛と偶然の戯れ」舞台写真 最終回

11月23日~24日に東京・両国シアターΧで上演いたしました「愛と偶然の戯れ」の舞台写真の第5回(最終回)掲載です。写真をクリックすると拡大表示されます。

  まずは、アルルカン三態。

  「愛と偶然の戯れ」舞台写真21

  「愛と偶然の戯れ」舞台写真23

  「愛と偶然の戯れ」舞台写真22

  
  ラストシーン
  アルルカン「うん、おれには損はないさ。今じゃあ、あんたのほうが持参金よりよっぽどましだよ。さあ、お祝いだ。」

  「愛と偶然の戯れ」舞台写真24
  前列左から
  幹本彩乃 MIKIMOTO AYANO  (リゼット)
  守輪咲良 MORIWA SAKURA (アルルカン)
  後列左から
  天崎温子 AMASAKI ATSUKO  (リゼット)
  志賀由美 SHIGA YUMI  (リゼット)
  
  そして、カーテンコール。全員集合です。

  「愛と偶然の戯れ」舞台写真25

  左から
  石井勇揮 ISHII TOSHIKI  (召使い2)
  三石美咲 MITSUISHI MISAKI  (シルヴィヤ)
  桑原洋一 KUWAHARA YOICHI  (ドラント)
  五森大輔 ITSUMORI DAISUKE (オルゴン氏)   
  創間元哉 SOUMA MOTOYA (マリオ)
  守輪咲良 MORIWA SAKURA (アルルカン)
  幹本彩乃 MIKIMOTO AYANO  (リゼット)
  天崎温子 AMASAKI ATSUKO  (リゼット)
  志賀由美 SHIGA YUMI  (リゼット)
  岩山暁臣 IWAYAMA AKEOMI  (召使い1)


 「愛と偶然の戯れ」に御来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

  【了】

 撮影/春日井順三 KASUGAI JUNZO
 
 (咲良舎 新岳大典 ARATAKE DAITEN)


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。左のバナーのクリックをお願いします。

 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 シアターコレクティブ実験劇場「愛と偶然の戯れ」の情報はこちら

 さらに詳しくはこちら公演チラシ(表裏)pdfファイルを御覧ください。

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

「愛と偶然の戯れ」舞台写真第4回

愛と偶然の戯れ」舞台写真 第4回

11月23日~24日に東京・両国シアターΧで上演いたしました「愛と偶然の戯れ」の舞台写真の第4回掲載です。写真をクリックすると拡大表示されます。


  「愛と偶然の戯れ」舞台写真17
  左から
  桑原洋一 KUWAHARA YOICHI  (ドラント)
  三石美咲 MITSUISHI MISAKI  (シルヴィヤ)
  創間元哉 SOMA MOTOYA (マリオ)


  「愛と偶然の戯れ」舞台写真18
  左から
  三石美咲 MITSUISHI MISAKI  (シルヴィヤ)
  五森大輔 ITSUMORI DAISUKE (オルゴン氏)
  創間元哉 SOMA MOTOYA (マリオ)


  「愛と偶然の戯れ」舞台写真20
  左から
  幹本彩乃 MIKIMOTO AYANO  (リゼット)
  志賀由美 SHIGA YUMI  (リゼット)
  天崎温子 AMASAKI ATSUKO  (リゼット)
  守輪咲良 MORIWA SAKURA (アルルカン)
  
 
  【つづく】

 撮影/春日井順三 KASUGAI JUNZO
 
 (咲良舎 新岳大典 ARATAKE DAITEN)

 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 シアターコレクティブ実験劇場「愛と偶然の戯れ」の情報はこちら

 さらに詳しくはこちら公演チラシ(表裏)pdfファイルを御覧ください。

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

「愛と偶然の戯れ」舞台写真第3回

愛と偶然の戯れ」舞台写真 第3回

11月23日~24日に東京・両国シアターΧで上演いたしました「愛と偶然の戯れ」の舞台写真の第3回掲載です。写真をクリックすると拡大表示されます。

  「愛と偶然の戯れ」舞台写真12
  左から
  天崎温子 AMASAKI ATSUKO  (リゼット)
  志賀由美 SHIGA YUMI  (リゼット)
  幹本彩乃 MIKIMOTO AYANO  (リゼット)
  三石美咲 MITSUISHI MISAKI  (シルヴィヤ)
  守輪咲良 MORIWA SAKURA (アルルカン)


  「愛と偶然の戯れ」舞台写真13
  左から
  三石美咲 MITSUISHI MISAKI  (シルヴィヤ)
  志賀由美 SHIGA YUMI  (リゼット)
  幹本彩乃 MIKIMOTO AYANO  (リゼット)
  天崎温子 AMASAKI ATSUKO  (リゼット)


  「愛と偶然の戯れ」舞台写真14
  桑原洋一 KUWAHARA YOICHI  (ドラント)


  「愛と偶然の戯れ」舞台写真15
  左から
  三石美咲 MITSUISHI MISAKI  (シルヴィヤ)
  創間元哉 SOMA MOTOYA (マリオ)
  五森大輔 ITSUMORI DAISUKE (オルゴン氏)
  桑原洋一 KUWAHARA YOICHI  (ドラント)
  


  「愛と偶然の戯れ」舞台写真16
  左から
  守輪咲良 MORIWA SAKURA (アルルカン)
  桑原洋一 KUWAHARA YOICHI  (ドラント)
  
 
  【つづく】

 撮影/春日井順三 KASUGAI JUNZO
 
 (咲良舎 新岳大典 ARATAKE DAITEN)

 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 シアターコレクティブ実験劇場「愛と偶然の戯れ」の情報はこちら

 さらに詳しくはこちら公演チラシ(表裏)pdfファイルを御覧ください。

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

守輪咲良活動日記No.3「身体実験劇場・勅使川原三郎・ない男」

守輪咲良活動日記No.3「身体実験劇場・勅使川原三郎・ない男」


「身体実験劇場・勅使川原三郎・ない男」


 勅使河原三郎さんの身体実験劇場「ない男」を観た。天児牛大さんの山海塾以来の衝撃!
 でも、クラシックバレエ出身だそうだ。シアターΧで本日初日。SOLD OUT のところを補助席が出たので観ることができた。つい先日、自分が立った舞台だ。その同じ劇場空間が濃厚な勅使河原ワールドの緊張感に満ちていた。チラシにあった勅使河原さんの言葉。

 「言葉に犯されながら言葉を破壊する無謀な企みと、幻覚者らしからぬ身体や喪失者らしからぬ風体が交錯する。身体によって破壊するかもしれない生との格闘である。」

 う〜ん、書いてあることそのままに身体が格闘していたなあ。驚いたのは一緒に出演していたダンサーたちのレベルの高さだ。終了後、舞台で挨拶するひとりひとりは実に普通の人としてそこにいた。すごいなあ!

 (守輪咲良)


 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

守輪咲良活動日記No.2「バレエ・レッスン日」

守輪咲良活動日記No.2「バレエ・レッスン日」


「人生、次に何がおこるか分からない」

 水曜日はバレエのレッスンの日。演出の仕事はじっと座って〈待つ〉ことが多くて・・・。身体は動かさなくなるし、だんだん姿勢が悪くなってきたと気になりはじめた頃、バレエのストレッチを薦めてくれる人がいたのです。昔、青山劇場のそばに東京ミュージカルアカデミーという学校がオープンして、私も教えに行ったことがあったけれど、三瓶先生もそこで教えていたバレエの先生。私を三瓶先生に紹介してくれたのは、その時そこに通っていた生徒なのです。

 健康のためにはじめたバレエのストレッチだけれど、何と去年からトゥシューズにチャレンジ・・・。人生、次に何がおきるか分かりませんよ、ほんとうに! この年齢で!(幾つ?)やらせてくれた三瓶先生の勇気に脱帽! だって私よりも先生の方が恐いはずなのです。

 ついでに、勢いにのって「発表会にも参加します!」と言っていたら、それが思わぬ展開へ。吉村先生構成・演出の「21番街の交差点」「謝る人」を演ることになったわけです。バレエの発表会で、よもや中小企業の親爺役をやるとは・・・! 全く予想もしていなかった展開に、「やるしかないでしょ」と腹をくくって、大いに遊んだわけだけど、この作品はほんとうに素晴らしく面白かった! 大人たちはみんな酔っぱらいでベロンベロンになってしまうのです。

   守輪咲良バレエ発表会01   守輪咲良バレエ発表会02 ← 2008年1月6日 横浜関内ホール

 そして、久々の舞台はなかなか気持ちよかった! 中小企業の親爺は子供たちにも結構面白がってもらえたし。しかし、これが今回の「愛と偶然の戯れ」のアルルカンに繋がっていこうとは・・・。本当に人生、次に何がおこるか分からないです!


 (守輪咲良)

--------------------------------------------------------------------
 この時のバレエの発表会では、某有名女優の方と共演。その方も親父役でした。(新岳大典)


 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

「愛と偶然の戯れ」舞台写真第2回

愛と偶然の戯れ」舞台写真 第2回

11月23日~24日に東京・両国シアターΧで上演いたしました「愛と偶然の戯れ」の舞台写真の第2回掲載です。写真をクリックすると拡大表示されます。

  「愛と偶然の戯れ」舞台写真07
  桑原洋一 KUWAHARA YOICHI  (ドラント)


  「愛と偶然の戯れ」舞台写真08
  三石美咲 MITSUISHI MISAKI  (シルヴィヤ)


  「愛と偶然の戯れ」舞台写真09
  左から
  志賀由美 SHIGA YUMI  (リゼット)
  幹本彩乃 MIKIMOTO AYANO  (リゼット)
  天崎温子 AMASAKI ATSUKO  (リゼット)

 
  「愛と偶然の戯れ」舞台写真10
  守輪咲良 MORIWA SAKURA (アルルカン)


  「愛と偶然の戯れ」舞台写真11
  左から
  桑原洋一 KUWAHARA YOICHI  (ドラント)
  守輪咲良 MORIWA SAKURA (アルルカン)
 
  【つづく】

 撮影/春日井順三 KASUGAI JUNZO
 
 (咲良舎 新岳大典 ARATAKE DAITEN)

 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 シアターコレクティブ実験劇場「愛と偶然の戯れ」の情報はこちら

 さらに詳しくはこちら公演チラシ(表裏)pdfファイルを御覧ください。

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

にほんブログ村劇団役者ランキング1位

感謝

にほんブログ村 劇団・役者ランキング1位

 12月9日、にほんブログ村「劇団・役者ランキング」で321ブログ中1位となりました。
        ↓
   にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
 
 また、演劇ブログ1309ブログ中でも10位となりました。
 クリックしていただいた皆様ありがとうございます。

   にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
       ↑ 
 あなたのクリックでランクが上がります。当ブログにご来場の際にはこちらのバナーのクリックをお願い申し上げます。
 
 来年早々から「3日間ワークショップ」「シアターΧでの舞台発表付ワークショップ」「十二週間集中レッスン」「特別クラス」「本コース」「基礎クラス」など、演技を学ぶ場が目白押しです。
 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 (咲良舎 新岳大典)
 

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

守輪咲良活動日記No.1「熊坂兌子彫刻展」

守輪咲良活動日記 No.1

熊坂兌子彫刻展

  熊坂兌子彫刻展写真1 左/熊坂兌子氏 右/守輪咲良 中央は熊坂兌子氏の作品

 本日は熊坂兌子彫刻展の最終日。新岳と新小岩の「アート・プラネット」に行ってきた。
 ご主人の彫刻家サール・シュワルツと共に、私が大変尊敬し敬愛している彫刻家〈熊さん〉の個展だ。大理石の素晴らしい作品たちに触れるといつも心が洗われる思いになる。
 懐かしいニューヨーク時代の話。ブルックリンのロフトで生活していた時、私の稽古場は2階に、熊さんとサールのアトリエはその上の3階にあった。
 その後、お二人はイタリアのヴェローナに移り、制作活動していたが、2004年、92才でサールが亡くなり、熊さんは今は鎌倉で活動を続けている。
 ニューヨークからヴェローナのアトリエに遊びに行ったことがある。そこを拠点にヴェネチアを二度訪れ、ローマ、ナポリとイタリアを南下し、ナポリから船でシシリーまで行った。船から紫色の朝日に輝くシシリア島を初めて目にしたときの感激は今でも色あせない。
 昔の話はめったにしないのだけど、今日は久々に当時の話に花が咲いた。

  熊坂兌子彫刻展写真2 左/熊坂兌子氏 右/守輪咲良 中央は熊坂兌子氏の作品

 (守輪咲良)



 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

「愛と偶然の戯れ」舞台写真第1回

「愛と偶然の戯れ」舞台写真 第1回

11月23日~24日に東京・両国シアターΧで上演いたしました「愛と偶然の戯れ」の舞台写真を順次掲載してゆきます。写真をクリックすると拡大表示されます。

  「愛と偶然の戯れ」舞台写真01
 左から
 創間元哉 SOUMA MOTOYA (マリオ)
 五森大輔 ITSUMORI DAISUKE (オルゴン氏)


  「愛と偶然の戯れ」舞台写真02
 守輪咲良 MORIWA SAKURA (アルルカン)


  「愛と偶然の戯れ」舞台写真03
 桑原洋一 KUWAHARA YOICHI  (ドラント)


  「愛と偶然の戯れ」舞台写真04
 左から
 天崎温子 AMASAKI ATSUKO (リゼット)
 幹本彩乃 MIKIMOTO AYANO (リゼット)
 志賀由美 SHIGA YUMI (リゼット)


  「愛と偶然の戯れ」舞台写真05
 左から
 三石美咲 MITSUISHI MISAKI  (シルヴィヤ)
 幹本彩乃 MIKIMOTO AYANO  (リゼット)
 天崎温子 AMASAKI ATSUKO  (リゼット)
 志賀由美 SHIGA YUMI  (リゼット)

  「愛と偶然の戯れ」舞台写真06
 三石美咲 MITSUISHI MISAKI  (シルヴィヤ)

 今後、数回に渡って掲載してゆきます。  【つづく】

 撮影/春日井順三 KASUGAI JUNZO
 
 (咲良舎 新岳大典 ARATAKE DAITEN)

 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 シアターコレクティブ実験劇場「愛と偶然の戯れ」の情報はこちら

 さらに詳しくはこちら公演チラシ(表裏)pdfファイルを御覧ください。

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

咲良舎・新春3日間集中ワークショップ

咲良舎・新春3日間集中ワークショップ
参加者募集!


ニューヨーク・アクターズ・スタジオリー・ストラスバーグに直接師事した演出家守輪咲良が指導。

「art of living 」とは──?!
 それは日頃、私たちが見たり、聞いたり、触れたりしているものを意識してみることからはじまります。〈演技の基礎〉は生活のなかにあります。まず、「行動」することからはじめましょう! 意識されていなかったものが意識されるようになった時、私たちは〈生きている〉ことを実感できるようになります。初めての方、是非、ご参加ください。また、演技経験者の方には、基礎ができることよって、より説得力のある演技となっていくでしょう。舞台上で一瞬一瞬の〈今〉を生きる! あなたの演技をリフレッシュする良い機会となるでしょう。もう一度、あなたの〈演技の基礎〉を問い直してみませんか?

【内容】日常における身体行動。演技の基本となる〈特定な人物〉としての行動。それに伴う感覚への集中、リラックスゼーションなど、「メソード演技」の基礎を徹底体験。
日時:2009年1月10 日(土) 18:00~21:30/1月11日(日) 11:00~17:00/1月12日(月・祝) 11:00~17:00
会場:鷹番住区センター(東急東横線学芸大学駅下車・徒歩5分)
参加費:20.000 円
募集人数:14 名
お振込先:みずほ銀行渋谷中央支店(普通)4893200 (有)咲良舎
お申し込み:参加申込書にご記入のうえ、FAX していただくか、郵送または、E-Mail にてお申し込み下さい。参加申込書はこちら

〒145-0065 東京都大田区東雪谷3-22-10 (有)咲良舎ワークショップ係
TEL & FAX 03-3726-6887 E-Mail : sakura-sha@sakuranotayori.com
URL : http://www.sakuranotayori.com/

ニューヨーク・アクターズ・スタジオとは?


(咲良舎 新岳大典)

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。



テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

FC2カウンター
2008年10月20日から数えて
プロフィール

sakuramoriwa

Author:sakuramoriwa
守輪咲良。演出家。演技私塾「櫻塾」代表。劇集団「咲良舎」主宰。日本演出者協会会員。一般社団法人日露演劇会議・常務理事。明治大学文学部卒。札幌市出身。

リンク
カテゴリ
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。