スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「本気の役者たち」2009年1月24日稽古場

稽古場報告 NO.006
 
「本気の役者たち」 2009年1月24日稽古場

 2009年2月22日(日)に、両国のシアターΧにて劇場発表をする、シアターコレクティブ実験劇場ワークショップ「本気の役者たち」の2009年1月24日(土)の稽古場風景です。写真をクリックすると拡大します。

 配役も確定。すでに台詞も入り、立ち稽古に入っています。

  本気の役者たち20090123
 左から 志賀由美  SHIGA YUMI  幹本彩乃 MIKIMOTO AYANO 桑原洋一 KUWAHARA YOICH

  本気の役者たち20090123
 左から 五百蔵久子 IOROI HISAKO 桑原洋一 KUWAHARA YOICH

  本気の役者たち20090123
 左から 幹本彩乃 MIKIMOTO AYANO 朝井 孝 ASAI TAKASHI

  本気の役者たち20090123 
 左から 五百蔵久子 IOROI HISAKO 志賀由美 SHIGA YUMI  

  本気の役者たち20090123 
 左から 志賀由美  SHIGA YUMI  幹本彩乃 MIKIMOTO AYANO 朝井 孝 ASAI TAKASHI

  本気の役者たち20090123 
左から 朝井 孝  ASAI TAKASHI  佐々木智子 SASAKI TOMOKO  志賀由美  SHIGA YUMI  

  本気の役者たち20090123 
 左から 五百蔵久子 IOROI HISAKO 志賀由美 SHIGA YUMI  創間元哉 SOUMA MOTOYA 朝井 孝 ASAI TAKASHI

  本気の役者たち20090123
 演出 守輪咲良 MORIWA SAKURA  

 
  「本気の役者たち」は、初めて取り上げる作品です。
  2月22日(日)に1日だけ上演される両国・シアターΧでの劇場発表まであと一ヶ月を切りました、奥の深い「マリヴォー作品」との戦いはさらに続きます。

  (新岳大典)

守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT


 
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

守輪咲良のおすすめの本 第2弾

守輪咲良のおすすめの本 第2弾


 守輪咲良のおすすめ本・第2弾は下記の4冊です。

 まずは、咲良舎が長年上演を続けている十八世紀フランスの喜劇作家マリヴォーの戯曲集が岩波文庫から出版されました。
 右手の書籍写真をクリックすれば購入できます。ただし、「贋の侍女・愛の勝利」については、発売直後の為、Amazonで書籍写真がまだ公開されておりません。
 翻訳は守輪咲良と咲良舎がお世話になっている佐藤実枝先生と井村順一先生です。「贋の侍女」は咲良舎の前身である櫻花舎が上演しました。「愛の勝利」は演劇集団・円が舞台で上演、さらに、監督クレア・ペプロー、出演ミラ・ソルヴィノ、ベン・キングズレーで2001年に映画化されています。この映画のDVDも右欄から購入できます。

「贋の侍女・愛の勝利」 (税込693円)

  贋の侍女・愛の勝利  マリヴォー作 佐藤実枝・井村順一訳 岩波文庫(32-517-7)

 内容 贋の侍女 佐藤実枝訳
     愛の勝利 井村順一訳
     訳注
     解説
     テクスト・参考文献
     あとがき

 「あとがき」より・・・(前略)日本でも、『贋の侍女』は一九九二年と九四年、櫻花舎によって(佐藤実枝訳、守輪咲良演出)、『愛の勝利』は九二年、演劇集団・円によって(井村順一訳、渡辺守章演出)、それぞれ舞台にかけられている。(中略)『贋の侍女』については、その後、前記台本になったものが咲良舎ドラマコレクションに収録された(一九九四年)・・・(後略)。

 ※櫻花舎咲良舎の前身です。なお、咲良舎ドラマコレクションは咲良舎から通信販売で購入できます。こちらから詳細を御覧になれます。

 

 演劇訓練の創造的システムの確立者、モスクワ芸術座の創設者として、近代演劇史に巨大な足跡を残すスタニスラフスキー(一八六三‐一九三八)の自伝。上、中、下の3冊です。

 芸術におけるわが生涯 上 (税込903円) 

  芸術におけるわが生涯(上)
 スタニスラフスキー/著 蔵原惟人/訳 江川卓/訳 出版社 岩波書店


 芸術におけるわが生涯 中 (税込903円)

  芸術におけるわが生涯(中)
 スタニスラフスキー/著 蔵原惟人/訳 江川卓/訳 出版社 岩波書店


 芸術におけるわが生涯 下 (税込903円)

  芸術におけるわが生涯(下)
 スタニスラフスキー/著 蔵原惟人/訳 江川卓/訳 出版社 岩波書店

 (咲良舎 新岳大典)

守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。


BBS7.COM
MENURNDNEXT


テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

守輪咲良活動日記No.6 2つのワークショップ

守輪咲良活動日記No.6 2つのワークショップ

2つのワークショップ

 お正月早々、ワークショップが重なった。1月5日からはマリヴォー作「本気の役者たち」のワークショップがはじまった。これは〈守輪咲良おすすめの本〉に載っている「マリヴォー戯曲選集」のなかに収められている作品。一幕物で50分くらいの短い芝居だ。2月22日、シアターΧで舞台発表の予定。

 もうひとつは1月10日から12日までの「3日間集中ワークショップ」で、こちらの方は無事に終了。どちらもすでに新岳が写真を掲載してくれている。
 今回もいろいろな方が参加してくれたが、そのなかに「踊りを踊るための表現力を学ぶためにメソッドに興味を持った」ダンサーの方がいて、その動機が嬉しかった。メソード演技の心身をリラックスさせて感覚に集中する楽器(俳優の身体)の訓練は、俳優だけでなくいろいろな舞台表現の方たちに大変有効で、日本ではもっと知られるべきだと思う。舞台上での緊張から解放され、表現に集中する力がつくだけでなく、感覚の世界から多くのことを学ぶことができる。対人的に緊張しやすく、自分の内面を開放するのが苦手な日本人には本当はとても大切なエクササイズだし、感性や想像力を広げてくれる。以前、オペラ歌手の方が参加した事があったけれど、やはり開放が問題だったことを思い出した。

 (守輪咲良)


 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT


テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

「3日間集中ワークショップ」2009年1月10日

「3日間集中ワークショップ」2009年1月10日

 「art of living 」をテーマに1月10 日(土) から1月12日(月・祝)まで開催される「咲良舎・3日間集中ワークショップ」 の第1日。
 守輪のワークショップでは、内容についての説明の後で、まずは「シアター・ゲーム」を使った自己紹介をします。

 守輪「今回は、S.A.P.で数年間かかって学んでゆくことを3日間で集中的に体験してもらいます。」

 3日間集中ワークショップ

 輪になって話し合うのはS.A.P.の稽古場では日常的な光景です。現在の自分の「状態」を語ることが「変化」につながるからです。

 3日間集中ワークショップ

 初日は、いろいろなシアター・ゲームを体験します。

 3日間集中ワークショップ

 3日間集中ワークショップ 

 3日間集中ワークショップ

 そして、明日からの本格的な内容につながるエクササイズです。

 3日間集中ワークショップ

 基本的にはS.A.P.では基礎クラス(指導:創間元哉)をのぞく各クラスで見学は認めていません。S.A.P.での守輪咲良の指導内容については、この「3日間集中ワークショップ」での「体験」が最適だと思います。

   (新岳大典)

守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT



 

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

本気の役者たち2009年1月10日稽古

稽古場報告 NO.005
 
本気の役者たち」 2009年1月10日稽古場

 2009年2月22日(日)に、両国のシアターΧにて劇場発表をする、シアターコレクティブ実験劇場ワークショップ本気の役者たちの2009年1月10日(土)の稽古場風景です。写真をクリックすると拡大します。

 今は、本読みの段階です。椅子に座り、台本を片手に稽古は進みます。読み合わせの合間に演出の守輪咲良から台本の解釈について指摘が入ります。


   マリヴォー「本気の役者たち」稽古  演出 守輪咲良

   マリヴォー「本気の役者たち」稽古  左から 佐々木智子・三石美咲

   マリヴォー「本気の役者たち」稽古  左から 五百蔵久子・幹本彩乃・志賀由美

   マリヴォー「本気の役者たち」稽古  左から 高橋健夫・岩山明

   マリヴォー「本気の役者たち」稽古  左から 高橋健夫・岩山明・天崎温子

   マリヴォー「本気の役者たち」稽古  左から 朝井孝・石井勇揮

   マリヴォー「本気の役者たち」稽古  創間元哉

   マリヴォー「本気の役者たち」稽古  桑原洋一

 今回は2008年11月23日~24日に、東京・両国シアターΧで本番上演いたしました「愛と偶然の戯れ」に出演したメンバー
  天崎温子 AMASAKI ATSUKO
  石井勇揮 ISHII TOSHIKI  
  岩山 明  IWAYAMA AKIRA
  桑原洋一 KUWAHARA YOICHI
  志賀由美 SHIGA YUMI
  創間元哉 SOUMA MOTOYA
  幹本彩乃 MIKIMOTO AYANO
  三石美咲 MITSUISHI MISAKI
                       の8名に加えて、
  朝井 孝   ASAI TAKASHI
  五百蔵久子 IOROI HISAKO
  佐々木智子 SASAKI TOMOKO
  高橋健夫  TAKAHASHI TAKEO
                       の4名が参加します。

  「本気の役者たち」は、咲良舎として初めて取り上げるマリヴォー作品です。
  2月22日(日)に1回だけ上演される両国・シアターΧでの劇場発表まであと40日あまり、奥の深い「マリヴォー作品」との戦いは続きます。

  (新岳大典)

守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT




 

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

守輪咲良のおすすめの本第1弾

守輪咲良のおすすの本 第1弾

守輪咲良のおすすめの本

 俳優修業において是非読んでおいた方が良いと思われるおすすめの本、及び、咲良舎が上演するマリヴォーを初めとする作品の戯曲集等をこの「さくらの便りブログ版」からAmazon経由で購入できるようになりました。右手の書籍写真を是非クリック!

 守輪咲良のおすすめ本・第1弾は下記の3冊です。

『マリヴォー戯曲選集』 マリヴォー著 佐藤実枝訳 早稲田大学出版部刊

目次
    翻訳
    恋の不意打ち
    恋の不意打ち・その二
    遺贈
    率直な人々
    試練
    本気の役者たち
    マリヴォー劇への招待
    アプローチ
    作品解説

『スタニスラフスキー入門』 ジーン・ベネディティ著 松本永美子訳 而立書房刊


目次 序論
    1 土台
    2 「システム」の発展
    3 「システム」を書く
    4 身体的行動の方法
    5 考えの発展
    付録


『二十世紀俳優トレーニング』 アリソン・ホッジ著 佐藤正紀ほか訳 而立書房刊

目次 スタニスラフスキイ・システム?俳優のためのさまざまな道
    メイエルホリドとビオメハニカ
    ジャック・コポー?率直さの探究
    マイケル・チェーホフの演技論?「ドン・キホーテは実物そっくりだったか」
    ブレヒトと俳優トレーニング?われわれはだれのために演じるのか
    ジョウン・リトルウッド
    ストラスバーグ、アドラー、マイズナー?メソッド演技
    ジョセフ・チェイキンと俳優トレーニングの諸側面?現前を表現する可能性
    ピーター・ブルック?透明性、そして見えないネットワーク
    グロトフスキの俳優像?出会いを求めて
    エウゲニオ・バルバとのトレーニング?行動原理、表現以前のもの、および「個人の体温」
    ヴオジメシュ・スタニェフスキ?ガルジェニッツェと自然の中に生きる俳優

 (咲良舎 新岳大典)

守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT



テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

新岳大典日々感謝日記№1 花と果実に囲まれて

新岳大典日々感謝日記No.1 花と果実に囲まれて

花と果実に囲まれて

 正月花   正月きんかん実

 朝、あまり見かけない二羽の鳥が庭にやってきました。すずめのつがいも一緒です。これはなにやら、何かの「吉兆」ではないかと、うれしくなりました。

 守輪、新岳共に暮れから正月にかけて様々な残務整理、事務作業に追われる中、新年の1月2日、今年最初の「スタッフ会議」をしました。守輪咲良、新岳大典、創間元哉、そして、オブザーバーとして春日井順三が参加。守輪は現在抱えている原稿の一部を所内発表。今年の抱負を語ります。今年はやらなければならないことが山積みなのです。

 そんな中、宅急便が届きました。メンバーの幹本彩乃が帰省中の故郷から送ってくれた大きな箱。開けてみると、中には沢山のお蜜柑、そして、お花、枝付の金柑の実、特製の蜂蜜、などが入っていました。うれしい自然の恵み、そして「心」が満載です。本当に感謝の気持ちで一杯です。(写真)

 今年は世の中厳しい年であると言われています。しかし、咲良舎にとっては飛躍の年にしようと思っています。新年早々からワークショップが続き、忙しい日々がやって参ります。元気で好きな仕事が出来る幸せに感謝です。
 果実に囲まれ、春日井順三、創間元哉が持ってきてくれたお年賀の酒を酌み交わし、今から二十数年前に守輪咲良が演出、春日井順三がレニー役で出演したスタインベック作「二十日鼠と人間」のビデオを見ました。懐かしさと同時に続けることの大切さ、続けられたことへの感謝の気持ちがこみあげてきました。
 日々感謝、日々感謝。

 (新岳大典)


 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT



2009年新春の御挨拶

あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりました。
シアターコレクティブ実験劇場、2年がかりの「愛と偶然の戯れ」は、好評のうちに無事終了することができました。ご支援くださった皆さま方に心より感謝いたします。
本年も年明けとともにマリヴォー作「本気の役者たち」のワークショップがはじまります。

新しい年も〈育成と実験〉をモットーに大いに意欲的に活動していく所存です。本年もどうぞよろしくお願いいたします!皆さまのご健康とご発展を心よりお祈り申し上げます!

咲良舎 守輪咲良・新岳大典

写真入りのpdf版年賀状はこちらをクリック。

 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。


BBS7.COM
MENURNDNEXT

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

新春3日間集中ワークショップ参加者募集!

咲良舎ロゴMサイズカラーart of living! 新春3日間集中ワークショップ参加者募集!
2009年1月10 日(土) から1月12日(月・祝) まで開催。詳しくはこちらをご覧下さい。
ワークショップ終了までこの記事がトップとなり、この下に記事を追加してゆきます。

BBS7.COM
MENURNDNEXT

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

FC2カウンター
2008年10月20日から数えて
プロフィール

sakuramoriwa

Author:sakuramoriwa
守輪咲良。演出家。演技私塾「櫻塾」代表。劇集団「咲良舎」主宰。日本演出者協会会員。一般社団法人日露演劇会議・常務理事。明治大学文学部卒。札幌市出身。

リンク
カテゴリ
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。