スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守輪咲良活動日記No.18 フランス・イギリス・イタリアからの三つの芝居(その3)

守輪咲良活動日記No.18 フランス・イギリス・イタリアからの三つの芝居(その3)


 フランス・イギリス・イタリアからの三つの芝居
 (その3)


 イタリア ミラノ・ピッコロ座「アルレッキーノ~二人の主人を一度にもつと」

 最後に、7月5日に観たミラノ・ピッコロ座「アルレッキーノ――二人の主人を一度にもつと」は最高だった! 世田谷パブリックシアターが、これほど観客の拍手で湧いたことがあっただろうか? 劇場中が拍手で鳴り響いたのだ! フェルッチョ・ソレーリのあの愛すべきアルレッキーノの世界と世田谷パブリックシアターの組み合わせは大成功だ! 高齢でテンションが落ちているのではないかという心配は見事に裏切られた。79才だと言う。16世紀イタリアのコンメディア・デッラルテを現代に蘇らせたこの作品は、名演出家ジョルジョ・ストレーレルピッコロ座を創設した1947年に初演。以来60年以上にわたって世界中で上演され愛され続けている。また、ストレーレルが演出したマリヴォーの「奴隷島」は舞台写真を見ただけだが、ため息が出るくらい幻想的で美しい。

 さて、コンメディア・デッラルテのことも日本ではあまり知られていない。
 『コンメディア・デッラルテのことは、ヨーロッパの偉大な演出家たち――メイエルホリドからワフタンゴフラインハルトまで――の多くが第二次大戦前の数十年の間に注目し、研究していた』と今回のパンフにもあるように、ワフタンゴフ「トウラドット姫」にも大きく影響を与えている。スタニスラフスキーと言うと、何かにつけチェーホフに結びつけられる傾向があるが、日本ではこの傾向がスタニスラフスキーへの視野を狭くしているように思えてならない。

 また、これを機会に私とマリヴォーの関係に少し触れておきたい。
 私にマリヴォーを読ませてくれたのは、「メソード演技」の翻訳者、今は亡き米村あきら先生だ。初めて読んだときには膨大なセリフに圧倒され、すっかりこれはセリフ劇だと思ったが、身体性の優れたコンメディア・デッラルテの役者たちが演じていたと聞いて俄然興味が湧いた。そもそも帰国当時、日常と変わらないリアルな舞台装置、演技に飽き足らなくなっていた私には、マリヴォーとの出会いは決定的だった。古典劇にとどまらない現代性、その登場人物たちのスケールの大きさにすっかり魅了された。「メソード演技」を古典劇の人物たちの演技にこそ生かしたいと、今はなくなった渋谷ジァンジァンでマリヴォーの連続上演を始めた。当時若かった「メソード演技」を学ぶ役者たちと始めたことで、私自身、勉強しなくちゃならないことだらけ!
 サポートしてくれたマリヴォーの先生たちのお陰で続けてこられた。もっといろいろな人たちに観てもらえるようになるには、まだまだこれからやらなきゃいけないことが多い。

 さて、スタニスラフスキーコンメディア・デッラルテ! 一見、対極に受け取られがちだが、自然な演技にとどまらず、古典のような演劇性豊かな表現をめざす時こそ、俳優の演技にとってスタニスラフスキーの基盤が大変重要なことを改めて書き添えたい。

 (守輪咲良)


 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT


スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

守輪咲良活動日記No.17 フランス・イギリス・イタリアからの三つの芝居(その2)

守輪咲良活動日記No.17 フランス・イギリス・イタリアからの三つの芝居(その2)


 フランス・イギリス・イタリアからの三つの芝居
 (その2)


 イギリス プロペラ公演「夏の夜の夢」

 7月2日は、野田秀樹さんの「東京芸術劇場」芸術監督就任記念にイギリスから招かれたプロペラの「夏の夜の夢」を観た。プロペラはイギリスの大御所演出家ピーター・ホールの息子、エドワード・ホール率いる男だけのシェイクスピア劇団なのだ。イギリスでも異質な劇団だと言う。とにかく観ておきたいと思った。さて、いよいよ開幕した男だけのシェイクスピアの世界は・・・う~ん、誰かが言っていたけど、日本ではまだ一般向けとは言えないのかな・・・。イギリスのように、スタンダードで上質な作品が数多く創られている背景があってこそ、こういった上質で異質な作品が生まれてくるのだと思う。また、偉大なる父親と同じ演出の道を進み、同じくシェイクスピアを手がけると言うことは、相当自分独自の世界を意識するんじゃないか。

 パンフにあったように、ホール自身は表立って「ゲイ演劇」「ジェンダー演劇」だと主張しているわけではないようだが、この舞台世界にはやっぱりその感性が色濃く感じられる。私にはニューヨークで馴染んだ世界だし、抵抗なく笑い楽しめたが、私の右隣の男性演劇人は一幕で帰ってしまったし、左隣の男性は上演中何度も時計を見ていた。知り合いの評論家も演出家も、もう一本の「ヴェニスの商人」を観る気持ちは全くないようだった。しかし、演劇人の枠に収まりきらない、いろいろなアーティストたちには大いに受け入れられる現代性に溢れた世界なんじゃないか。終演後の観客の力強い拍手はそれを物語っているし、昔の日本とは違うものを感じさせられた。
 それにしても、身体の大っきな黒人のヘレナ! もちろん男なわけだけど、このヘレナが登場したときは・・・驚いたあ!

 野田さんの芸術監督就任の挨拶文から。
 『「東京芸術劇場」という場所から、創作者として、(自分の芝居だけでなく)こういう芝居が「いい芝居」だと思うのです、と発信をしたい』
 う~ん、この後、野田さん自身の芝居をいろいろやるみたいだし、これからどういう劇場になっていくのか・・・。プロペラ公演後のプログラムをみながら、そう思った。(つづく)

 (守輪咲良)


 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

守輪咲良活動日記No.16 フランス・イギリス・イタリアからの三つの芝居(その1)

守輪咲良活動日記No.16 フランス・イギリス・イタリアからの三つの芝居(その1)


 フランス・イギリス・イタリアからの三つの芝居
 (その1)


 フランス コメディ・フランセーズ公演「神の曲芸師」

 観ておきたいフランスイギリスイタリアからの芝居を立て続けに観た。こんなに多彩な芝居が一度に観られるなんて、東京の演劇事情もかなり国際化したということか? ロシアからはモスクワ芸術座セルゲイ・シェンタリンスキー氏のワークショップが開催中だ。日本の演劇界にはあまり馴染みのない優れものばかり。しかし残念ながら、どれも短期間で終わってしまう。こういった芝居に大いに刺激を受け、観客層が厚くなったら、日本の演劇界も変わってくるのかも知れない。これまでの日本の俳優達が、おちおちしていられなくなる時代がやってこなくちゃ!

 韓国の一級の俳優さんたちと共演した日本のベテラン俳優陣が、自分たちの演技の方が優れていると思っているらしいぞと噂が流れた。これじゃ変わり様がないわけだ。でも、真剣に国際レベルの演技を勉強したいと思っている人たちもたくさんいるわけで、こういった人たちに本物の俳優教育の環境が与えられるようになることが早急に必要だ。どんなに良いワークショップでも、訓練とは別なのだから。じっくり時間をかけて訓練する必要がある。そして一級の演技に触れる機会が必要だ。
 東京でこれだけ多彩な舞台を観ることができるようになった今、誰にも簡単にできること!
 まずは一つでも多く上質の舞台を観ることだ。

 まずは、6月28日に南青山の銕仙会能楽研修所で行われた、コメディ・フランセーズの俳優ギヨーム・ガリエンヌ演じる「神の曲芸師」。ガリエンヌ氏は、Bunkamuraル・シネマで上映中の「サガンー悲しみよ こんにちはー」(7/24まで)に出演しているという。テレビ、映画、舞台と幅広く活躍しているフランスの俳優。セリフをしゃべりながら能舞台に出てきたガリエンヌ氏はごく普通の上下黒の稽古着(に見える)だけ。音響効果もなく、一人、アッシジの聖フランチェスコの生涯を1時間20分、落語の語りのように何人もの人物を演じる。だが、ダリオ・フォーの脚本だ。一筋縄ではいかない。無神論の共産主義者か、はたまた反聖職者主義か。政権や教会を相手に過激に風刺、その活動が評されてノーベル文学賞を受賞した作家だけれど、日本では上演される機会が少ない。2002年にシアターΧで上演された「アナーキストの事故死」 山上優さんの存在感と素晴らしいエネルギーで成功している。優さんとはその後、2006年に「青年座劇場」演出した時、出演してもらうチャンスに恵まれた。
 俳優座のLABO公演として上演された「主人は浮気なテロリスト!?」 も面白かった。若手の女性演出家だったことがとても印象に残っている。

 今回、ガリエンヌ氏の演技にはとても惹きつけられたが、能舞台を意識するなら、ダリオ・フォーの語る膨大なスピリチュアリティはもっと深いメッセージ性を持ちうるのではと思った。それにしても集中の仕方が違う。語っている世界が自分の存在とつながっている。日本の俳優がやったらもっと心情の方につながるだろうなあ。(つづく)

 (守輪咲良)


 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT


テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

教文演劇フェスティバル2009 守輪咲良ワークショップ

北海道札幌市教育文化会館/守輪咲良ワークショップ参加者募集

守輪咲良が昨年に引き続き、札幌市教育文化会館の教文演劇フェスティバルに招聘され、演劇ワークショップを行います。内容は下記の通り、すでにかなり枠が埋まっている様子とのこと。また、有料にて見学も可能です。(新岳)


教文演劇フェスティバル2009
メソッド演技の神髄に出会おう。演技はどういうことをするのか知ろう。
~あなた自身から舞台の人物へ!~

講師/守輪咲良


ニューヨーク・アクターズ・スタジオのリー・ストラスバーグに直接師事した守輪咲良氏の集中レッスン。「自然な演技」には何が必要なのか?俳優の体はよく〈楽器〉に例えられるけれど、それはどういうことなのか?演技についてのいろいろな疑問に、実践を通して応えていきます。[感覚への集中][コミュニケーション][即興]などを中心に、あなたの〈楽器〉を知ることから始めます。

■日程:2009年8月13日(木)~16日(日)
■時間:13・14日/18:00~21:00  15・16日/13:00~21:00(2部制)
■会場:札幌市教育文化会館(札幌市中央区北1条西13丁目)  研修室403
■対象:演劇経験年数が10年以上の方で演技の向上を求める方、
    自分の演技に対する疑問を検証したい方
■料金:4,500円
■定員:16名
■見学:料金 1,000円(30名)
■持ち物:動きやすい服装・運動靴

■講師
守輪咲良◎演出家。アクターズ・トレーナー。札幌市出身。明治大学文学部卒。劇集団「咲良舎」主宰。咲良舎アクティンプレス(S.A.P)代表。日本演出家協会会員。日露演劇会議会員。


お申込み・お問合せは、下記まで。お気軽にどうぞ!

教文演劇フェスティバル実行委員会事務局
【電話受付時間 10:00~18:00】

TEL:011-271-5822
(FAX 011-271-1916)
http://www.kyobun.org/
E-mail:en_fes_mail@yahoo.co.jp


ワークショップをEメールでお申込みの際には、必ず
「氏名」
「住所」
「年齢」
「電話番号」
「Eメールアドレス」
「演劇経験」
を明記してお送りください。


守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT


テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

FC2カウンター
2008年10月20日から数えて
プロフィール

sakuramoriwa

Author:sakuramoriwa
守輪咲良。演出家。演技私塾「櫻塾」代表。劇集団「咲良舎」主宰。日本演出者協会会員。一般社団法人日露演劇会議・常務理事。明治大学文学部卒。札幌市出身。

リンク
カテゴリ
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。