スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守輪咲良の活動日記NO.44「2つのワークショップin札幌」

 夏を振り返って その2


 2つのワークショップin札幌

   ~ 教文演劇フェスティバルワークショップ と 日露演劇会議主催「高校生のためのドラマワークショップ」 ~

 
 8月に入って能登和倉温泉に出かける用があって・・・。札幌の前に能登の話を少し・・・。
 能登は今回で3度目だったが、思いがけなく、初めて御陣乗太鼓を観ることができた!
 夜叉面爺面達磨面幽霊面など様々な面をつけ、暗いなか、どこからともなく一人、また一人と登場して、ふいに太鼓が打ち鳴らされる。面がすばらしい。なんと頭髪が海藻だったりする。それぞれの独特な動き! 見得を切ったりしながら叩く太鼓のリズム! 登場の仕方も太鼓のはじまり方も、とにかくかっこいい! ドキドキするような演劇的な構成にすっかり魅了されてしまった! 益々、能登が好きになる。そして興奮も冷めやらない次の日の早朝、特急に乗り込み帰京。途中、台風の影響で列車は遠回りし、1時間半ほど遅れたが無事東京駅に到着、そのまま、シーンワーク・クラスへ。
 何とも忙しい!!

 2日後には札幌へ向けて出発だ。
 今回は寝台特急北斗星の帰りの予約が取れなかったので、思い切って新幹線を使ってみることにした。以前にも書いたが、耳の具合で飛行機に乗れないものだから、すべて陸路を使っての移動となる。
 10:28東京発の新幹線新青森へ。新青森から特急で函館へ。函館で乗り換えて札幌に着くのが20:49だ。さすがに最後の2時間くらいは飽きた。しかし、その日のうちに札幌に着くなんて! そして、北斗星を使っていた時には見られなかった北青森南北海道の素晴らしい景色が見られるのだ。

 さて、いよいよ札幌だ! ワークショップだ!  
 教文演劇フェスティバルでの4日間のワークショップ。そして、そこに日露演劇会議主催の「高校生のためのドラマワークショップ」が重なった。

 今回初めての試みで、札幌の高校演劇部の生徒と3時間だけのワークショップが、先生がたのご協力で実現した。3時間で何をどう体験してもらうか、話しながらの時間も必要だし、伝えたいことはいろいろあって、でも詰め込みすぎても逆効果だし・・・。何とも難しい3時間。そもそも3時間とは、参加者の緊張がほどけてきた頃に終了になるってことなのだ。
 
 今回は本当に実験的な3時間だけだったけれど、それでも「やって良かった!」と思えたことには、参加した高校生が、夜の教文のワークショップを見学して、「自分たちがやっていた時は、緊張していたし夢中で余裕がなかったけれど、見学していると客観的に見ることができてとても勉強になった」 と、生き生きとした表情で語ってくれたことだ。次回は3日間くらいかけてじっくりやってみたい。
 それにしても、札幌の高校生、のびのびしていたなあ。

 さて、4日間にわたって開催される今年4年目の教文ワークショップ。最初の2日間は初めてコースと経験者コースの合同で行われる。あらためて4日間の内容づくりに、ああでもない、こうでもないと検討を重ねた。経験者コースの最後の2日間は、テキストを中心に行われる。今回女性は岸田國士「ヂアロオグ・プランタニエ」を、男性は「喜びの孤独な衝動」を使用。

 お互いの関係性や状況づくりに集中するには、セリフをすっかり暗記してしまう前に、一度、テキストを手放して舞台上の場所にいてみることからはじめる。セリフの暗記に煩わされることなく、どういう場所で、どういう2人に何が起こっているのか・・・舞台上で役者の集中力が働きはじめるとき、役者の存在感が変わってくる。2日間の最後に、それぞれの芝居がさてどう展開していくか・・・、毎回、それが勝負みたいなところがある。打ち上げのビールのおいしさがかかっているのだ。去年はなかなか美味しくビールを飲んだ記憶があったけど、さて今年は?! やり始めは、2日間でやるには岸田國士、ちょっと難しかったかなと思ったりしたけれど、何となんと、最終回はみなさん、お見事でした! みなさん、ちゃんと成長している! それが嬉しかった。

 打ち上げ会場で、世話人に「今年のが一番良かったんじゃない?」と言われてホッとしながら、結構おいしくビールを飲んでいたのだが、長時間冷房のきいた会場にいてお腹を冷やしたらしく、そこに冷えたビールを流し込んだせいか、実家に帰宅して急性胃腸炎をおこしてしまい、エライ目にあってしまった。来年、またみんなに会えますように!

 (守輪咲良)


----------------------------------------------------------------------

 守輪咲良の主催するSAKURA ACTING PLACEへの参加方法、劇集団咲良舎の上演記録、ワークショップ等の詳しい情報はSAKURA ACTING PLACE

blogram投票ボタン  ←ブログランキング&成分解析サービス「blogram」に参加してます。こちらをクリックお願いします。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらもクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT


----------------------------------------------------------------------

 
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

【SAKURA ACTING PLACE】秋コース10月参加者募集!

【SAKURA ACTING PLACE】秋コース10月参加者募集!

演技のオーソドクシィを学ぼう!

俳優修業に終わりはありません! 【SAKURA ACTING PLACE】は、すでにプロとして活躍している方には、長年のうちに身についた演技のくせを取り去り、さらにテクニックを磨く場であり、またこれから演技の勉強を始める方には、俳優として必要な演技の基礎から応用までの徹底した指導が受けられる、真剣に演技を学ぶ人たちのための場です。
連想から想像力を鍛えながら行動の正当化を学ぶ『ベーシック・クラス』
俳優が自分の発想から自分の意志で演技を生み出していく力をつける『エチュード・クラス』
舞台上でコントロールされた俳優の楽器を手に入れるための『エクササイズ・クラス』
台本の読み取りからはじまり、基礎でやってきたことをベースに役へ近づいていく『シーンワーク・クラス』
これら「演技のオーソドクシィ」の訓練を通し、発想力豊かな個性あふれる演技、独自性をみがくことなどが、私たちの目標です。
ただ今秋コースの募集をしております。
※会員制です。ひとたび会員になったあとは、本人が退会しない限り永久会員とし、その後の入会費は不要です。
※各クラスとも3ヶ月単位(ただし5週目がある場合はお休み)でおこなわれます。原則として途中参加はできません。
※各クラス共、見学することができます。ただし、申し込み制です。メール及びFAXにてお申し込みください。

【会場】目黒区内の各住区センター(東急東横線中目黒、祐天寺、学芸大学、都立大学など)
【日時】
 【エチュード・クラス】 月曜 13:30~16:30
 【エクササイズ・クラス】 月曜 18:30~21:30
 【ベーシック・クラス】 水曜 18:30~21:30
 【シーンワーク・クラス】 金曜 13:30~16:30
【料金】
入会費:20,000円(新規会員の方のみ)
1クラス(3ヶ月):30,000円(シーンワーク・クラスのみの場合、36,000円)
2クラス(3ヶ月):45,000円
3クラス(3ヶ月):54,000円
4クラス(3ヶ月):60,000円


申込方法は公式サイトを御覧下さい。申込書もダウンロード出来ます。

E-Mail : s-a-p@sakuranotayori.com
FAX: 03-3726-6887
公式サイト http://www.sakuranotayori.com/


なお、9月23日(金・祝)には体験ワークショップが開催されます。

【日時】9月23日(金・祝) 13:30~16:30
【場所】大岡山西住区センター・レクリエーションホール(東横線・都立大学下車)
【参加費】3,000円

申込方法は公式サイトを御覧下さい。

公式サイト http://www.sakuranotayori.com/


----------------------------------------------------------------------

blogram投票ボタン  ←ブログランキング&成分解析サービス「blogram」に参加してます。こちらをクリックお願いします。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらもクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT


----------------------------------------------------------------------

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

守輪咲良の活動日記NO.43「今年の夏は何て忙しかったのだろう!」

 夏を振り返って その1


 神々の国・島根への旅

  ~ しいの実シアターで「セロ弾きのゴーシュ」を見る ~


 今年の夏は何て忙しかったのだろう!
 まず7月9日、品川9:30発の新幹線に乗り、島根県松江市の八雲まで出かけた。
 そこには130席の木の劇場「しいの実シアター」があって、「あしぶえ」の人たちがこの劇場を管理、運営している。

 前日、そこの芸術監督であり、演出家の園山土筆さんから電話があって、久々に話しているうちに「明日、そちらにうかがいます。」ということになってしまった。園山さんと話していると、何故かよくこういう事になる。10年ぶりの松江だ。とにかく懐かしかった! 

 実はこの日、5時から「セロ弾きのゴーシュ」の通しゲネがあって、夜8時から本番があるのだ。この作品を初めて観たのはもう20年も前だろうか。まだ「劇団あしぶえ」が松江で活動していた頃のことだ。その後この作品はアメリカやカナダで6つの賞を受賞している。一本の芝居をこれだけ長くやってきて、それが今回で公演の打ち止めになるという。観ておきたかった。

 驚いたのは、公演にはおじいちゃん、おばあちゃんを含めた家族みんなで観にきている人たちが何組もいたこと。これは東京では見られない光景だ。最近は、芝居など観たことがないような人たちも、劇場にやってくるようになったと言う。

 「しいの実シアター」を中心とした八雲国際演劇祭がスタートしたのが、ちょうど10年前だ。回を重ねるごとに演劇祭は大きくなり、「演劇によるまちづくり」は大成功。2006年には「国土交通大臣賞」を受賞している。大勢の子供から大人まで、地域住民からなるボランティアスタッフの素晴らしい笑顔は、日本の原風景を思わせる周りの山々と共に、私たちの心の奥深くに刻み込まれる。

 八雲国際演劇祭には、世界各国の何十という劇団から参加問い合わせがあり、そのなかから優れた劇団が選ばれて、「コンテスト公演」として上演され、厳正な審査の結果6つの賞が贈られる。選ばれた参加作品は非常に質が高い。
 八雲にやってきた人たちは、みなホームスティである。言葉が通じなくとも素晴らしい交流がうまれる。こうした交流が芝居とは縁がなかった人たちにも影響を与え、生活に変化を与えているとしたら、こんなすごいことはないと思う。

 公演終了後、劇場並びの「あしぶえ」の幹部、有田さんの家で、明日の朝は5時起きだというのに、美味しくビールをやりながら遅くまでおしゃべりに花が咲いた。

 来年は、劇団の人たちとワークショップが実現できたらこんな嬉しいことはない!


 (守輪咲良)


----------------------------------------------------------------------

 守輪咲良の主催するSAKURA ACTING PLACEへの参加方法、劇集団咲良舎の上演記録、ワークショップ等の詳しい情報はSAKURA ACTING PLACE

blogram投票ボタン  ←ブログランキング&成分解析サービス「blogram」に参加してます。こちらをクリックお願いします。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらもクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT


----------------------------------------------------------------------

 

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

FC2カウンター
2008年10月20日から数えて
プロフィール

sakuramoriwa

Author:sakuramoriwa
守輪咲良。演出家。演技私塾「櫻塾」代表。劇集団「咲良舎」主宰。日本演出者協会会員。一般社団法人日露演劇会議・常務理事。明治大学文学部卒。札幌市出身。

リンク
カテゴリ
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。