連載/俳優がおちいる「演技力」という幻想 第1回「舞台に「いる」こと

連載/俳優がおちいる「演技力」という幻想 第1回「舞台に「いる」こと


舞台に「いる」こと


 昔、リー・ストラスバーグのクラスを受けはじめた時、演技の勉強とは、まずは〈舞台にいられるようになること〉だとは・・・、若かった私には思いもよらないことだった。

 シーンワークで最初にやった作品はテネシー・ウィリアムス「話してくれ、雨のように・・・」だったが、ストラスバーグはとても褒めてくれた。しかし何を褒められたのか・・・、残念ながら若い私にはよく分かっていなかった。
 つまりシンプルに舞台にいて、窓際でひたすら雨の音を聞いている〈存在〉がどれほど観ている人の注意をひきつけるか・・・当時の私には、舞台上に〈いる〉ことそのものがりっぱに演技であることは、認識できていなかった。

 それで、次の作品「Rashomon」(芥川龍之介作、フェイ&マイケル・カニン脚色。1959年、ブロードウェイで上演。山賊:ロッド・スタイガー)で手ひどく失敗した。
 選んだ場面は、後ろ手に縛られて身動きできない夫の前で、山賊に犯された女房が、山賊の去ったあと物言わぬ夫に対して、エモーショナルに自己弁護をエスカレートさせていくシーンで、演技経験の少ない若い俳優には簡単に手におえるような代物ではなかったのだ。結局こういうドラマテンションの高いシーンでは、俳優は感情を高ぶらせ、これ見よがしな体当たり演技になりやすい。

 「いったい君は何をやっているんだ!」ストラスバーグが怒り出した。
 そして、1時間以上もかけて私を分からせようとしたけれど、私はどうしたらいいのか絶望的に分からなくなって、ついに何もかも〈演技すること〉をやめて舞台上で力なく放心状態になったとき、突然、「それだ!それだ!」と、ストラスバーグの叫ぶ声が聞こえて・・・、やっとその日の稽古から解放された。私はやっぱりよく分かっていないままだった。


  (第2回へつづく)
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

【SAKURA ACTING PLACE】 秋コース10月~12月参加者募集!再

※期間と受講時間が確定しました。

【SAKURA ACTING PLACE】
秋コース10月~12月参加者募集!
【再】

世界標準の演技を学ぼう!

あなたはどんな俳優を目指していますか?
これからの日本の俳優には「世界に通用する演技」が求められています。しかし、演技の基礎力なしではこの「世界に通用する演技」を獲得していくことはできません。
例えばこんな経験をしたことがありませんか?
「昨日の舞台ではうまく演技できたのに、今日の舞台ではできなかった。なぜこんなことがおこるのだろう?公演中最後まで繰り返し良い演技ができるようになるには何が必要なのか?」
このような悩みを解消するには、今までより高いレベルの演技の基礎を身につけることが必要です。
そして、その最善の方法として、「スタニスラフスキー・システム」の科学的な理論が世界中の俳優に選ばれてきたのです。長きに渡り研究と改良を繰り返し、世界の多くの名優達が修得してきたこのシステムを、あなた自身の身体で学び、習得していくことが何より大切です。今のあなたの状況を変えたいのならば、実際に体験し、気づき、そして新しい自分に出会ってください。
誰からも素晴らしいと言われる本物の俳優を目指しましょう!

「 art of living 」とは?

日常の何気ない瞬間を舞台上に切り取る! たとえば、寒い冬の日に一人部屋で飲むホットドリンク。その状況の中には人物の色々な物語が詰まっているはずです。台詞が無くともお客様に何かが伝わる深い演技!
とってもシンプルだけれど、誰が見ても素晴らしい演技!
そんな演技を演じられる俳優になりたいと思いませんか?
基礎が身についてこそ、あなたの俳優としての力が発揮されるのです。

【コース】

エチュード&エクササイズ・クラス:

日常の中にある簡単な行動の正当化などを学び、与えられた課題から状況づくりを学ぶ。二人でのエチュードは、俳優になくてはならないコミュニケーション能力を鍛えます。
心身のリラックスから感覚の集中へ。身体のくせは心のくせ。あなたの心身のくせを取り除き、感じたものを素直に受けとめてみましょう! 
感覚から表現へ。
プロ・アマを問わず、演技の基本を学びたい方には必須のクラス!
集中力が養われ、一瞬一瞬に生きる演技へとつながっていきます。(水曜 18:30~21:30)

シーンワーク・クラス:

エチュードやエクササイズを通して積み上げた基礎力を土台に、役の人物へとチャレンジ。  
テキスト使用。※原則として演技経験者が対象です。

※シーンワーク・クラスは、10月秋コースより、日曜13:30~16:30 へ変更となりました。

※各クラスの見学は可能ですが、申し込み制です。

【期間】
10月7日(日)~12月26日(水)

【時間】
【エチュード&エクササイズ・クラス】水曜 18:30~21:30
【シーンワーク・クラス】日曜 13:30~16:30

【会場】
目黒区内の各住区センター

【料金】
入会費:20,000円(新規会員の方のみ)
1クラス(3ヶ月):30,000円(シーンワーク・クラスのみの場合、36,000円)
2クラス(3ヶ月):45,000円

※ 受講料の分割は3分割までとします。   



申込方法は公式サイトを御覧下さい。申込書もダウンロード出来ます。

E-Mail : s-a-p@sakuranotayori.com
FAX: 03-3726-6887
公式サイト http://www.sakuranotayori.com/


----------------------------------------------------------------------

blogram投票ボタン  ←ブログランキング&成分解析サービス「blogram」に参加してます。こちらをクリックお願いします。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらもクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT


----------------------------------------------------------------------

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

守輪咲良の活動日記NO.50「2つのワークショップin SAPPORO」

守輪咲良の活動日記NO.50


 2つのワークショップin SAPPORO



 7月、8月と、この夏は演劇ワークショップのために二度、札幌を訪れた。

 北海道の空はこの時期、晴れると見事に青く澄み渡り、大きく高く拡がって、北海道生まれの私はこの空と空気で細胞のひとつひとつまでもが生き返るようだ。
 アメリカでもヨーロッパでも沖縄でも素晴らしい自然に感動した経験は数多くあるけれど、生まれ育った土地の自然というものは不思議な一体感があって、他のどんな素晴らしい自然とも別な気がする。
 そんな北海道に演劇ワークショップのために通えるなんて、すごい幸せなことだ。

 まず7月は、北海道芸術高等学校で開催された(社)日露演劇会議主催の「ハイスクール・ドラマキャンプin札幌」
 学校の協力を得て、高校生だけを対象にして行われた初めての演劇ワークショップだ。(社)日露演劇会議では、日本の学生に世界のスタンダードな演技の基礎を体験してもらおうと、2010年より高校生大学生対象のワークショップを開催している。さて、今回は1年生から3年生まで18名の参加者。
 ヴォイスやまもとのりこさんと演技守輪の2人で2日間にわたって行われた。詳細は日露演劇会議のホームページに書いたので、是非、そちらを覗いて欲しい。

 http://www.jrtf.jp/


 8月は、札幌市教育文化会館で毎年夏に行われている「教文演劇フェスティバル」での「守輪咲良メソード演技ワークショップ」、今年で5年目になる。
 参加者はいろいろで、劇団所属の俳優、演技に興味のある人、数は少ないが高校生、今回は初めて中学生の参加もあった。
 3日間のワークショップとしてスタートしたが、次の年から4日間になった。
 つまり、守輪のワークショップを初めて受講する人たちのコースとリピーターのコースとに分かれたのだが、有難いことに多くのリピーターが毎回のように〈初めてコース〉も一緒に受講してくれたのだ。それはリピーターのコースではテキスト中心なので、基礎も受けたいと言うことなのだと思う。結局、両方のコースを受けてくれる人が多く、この5年間で述べ150人ほどの受講者だそうだ。

 東京で指導している時となにか手応えが違うような気がする。ピンからキリまでいろいろなワークショップに溢れている東京と違って、札幌の場合、参加者は選択がシンプルで集中しやすいようだし、また少しでも吸収しようと前向きで、私はとても新鮮な印象を受けた。
 初めの頃、参加した俳優にとってこれまで指摘されたことのない駄目出しが多かったようだ。当たり前にやってきたことを、守輪からはっきりそうじゃないと言われることもある。内心ショックを受けながらも、その事実に直面し変わっていこうとする。
 数年前までは東京でもこういった参加者が見られなかったろうか? 今はどうだろう? 自分と向き合い、変わっていこうとするのは容易なことではない。楽しむことが優先的となり、本質に欠いた刹那的なゲームで終わってしまううちに、演劇って何なのか? 何故やるのか分からなくなっていきはしないだろうか?
 さて札幌の場合、1回のワークショップ期間が短いだけに、無駄なく先へ進めていかなければならない。結局、与えられた個々の課題は自分でやっていくしかないのだ。

 こうして5年たって、毎回受講してきた俳優たちが、今回、舞台上に「いる」姿を見て、このワークショップをやってきて本当によかったと思った。
 余計な緊張もなく、癖もなく、シンプルにその場にいて自分のやっていることに集中していられるようになっている! 新しく参加した人たちに混じって演じていると、あきらかに違う存在だ。感慨深いものがある。

 そして、ここから初めて本格的に内面の深い演技へと進めていかれるのだ。

 さてどのように次へのスタートを切ることができるのか? 取り組みたい課題はいろいろある。このまま先へ進むには、新しい受講者と毎年欠かさず参加してきた受講者たちとの間に大きく差が出てきた。ここらで一度区切りをつけて、次へのステップに向かうことを考えたいと思う。まだ何も具体的なことは決まっていないけれど、考えるだけでもすごく楽しみだ。

 札幌の俳優たちの本格的な正統な演技の輪がひろがっていったら・・・力がついて評価されるようになっていったら・・・夢がまた夢を呼んで果てしなく・・・。

 というわけで、参加してくれた大勢の皆さん、このワークショップを企画し、5年間支えてくれたTさん、そして札幌市教育文化会館のスタッフの皆さま、長いこと本当に、本当にありがとうございました! 
 心から感謝の気持ちをお伝えすると共に、次なるステップへの実現に向けて、今後とも応援よろしくお願いいたします!!          

                          ドン・キホーテ・守輪


----------------------------------------------------------------------

 守輪咲良の主催するSAKURA ACTING PLACEへの参加方法、劇集団咲良舎の上演記録、ワークショップ等の詳しい情報はSAKURA ACTING PLACE

blogram投票ボタン  ←ブログランキング&成分解析サービス「blogram」に参加してます。こちらをクリックお願いします。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらもクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT


----------------------------------------------------------------------

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

FC2カウンター
2008年10月20日から数えて
プロフィール

sakuramoriwa

Author:sakuramoriwa
守輪咲良。演出家。演技私塾「櫻塾」代表。劇集団「咲良舎」主宰。日本演出者協会会員。一般社団法人日露演劇会議・常務理事。明治大学文学部卒。札幌市出身。

リンク
カテゴリ
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード