連載/俳優がおちいる「演技力」という幻想 第4回「飛び込んでから考える・・・ストラスバーグへの感謝」

連載/俳優がおちいる「演技力」という幻想 第4回「飛び込んでから考える・・・ストラスバーグへの感謝」 


 第3回へ戻る


 飛び込んでから考える・・・ストラスバーグへの感謝


 若かったから──ということもあるけれど、「飛び込んでから考える」という私の性癖はメソード演技を学ぶに適していたと思う。ストラスバーグの指導の仕方は全くそういうやり方だったから。
 そして、言葉のハンディキャップがかえって幸いしたのかも知れない。つまり、分かろうと分からなかろうと、とにかくやって、自分のやったことの何がよくて何がダメなのか・・・あとで考える。まずは「演ること」に集中するしかない。
 とにかく細かな質問をしたくとも、説明をしてもらいたくても、ほとんど取り合ってもらえないのだ。ストラスバーグとのやり取りはシンプルかつストレートで、あとは言われたことをやるしかない。だからぶつかるときは激しかった。

 ある時、エクササイズの最中に激しく泣いている私に目をとめたストラスバーグが「両腕を広げろ」と言う。私は広げたのだが「君はやっていない!」と言う。私は言われた通り両腕を広げている訳だから「やっている!」と言い返す──「いや、やっていない!」「やっている!」と、しだいにやり取りがエスカレートし、私は訳が分からず、ついにストラスバーグが「やらないなら出て行け!」と声を限りに叫び・・・私は涙も止まってなすすべもなく立ちつくし・・・。

 それから、ストラスバーグは私の何が違うのかを分かりやすく説明してくれた。私の広げている両腕には充分な力が入っていないと言う。
 つまり、「内面に起こっている強さ激しさは、それに見合うエネルギー(力)を身体の隅々にまで漲らせることができなければ、表現にまで持っていくことはできない」と言うのだ。
 なるほど確かに、その時の私の身体は感情に負けて弱々しく使い物になっていなかった。

 身体で「分かる」ことの重要さを、70代後半という高齢になっていたストラスバーグは自分の身体を張って徹底的に教えてくれた。

 私は今でもこのときの指導に心から感謝している。ストラスバーグのクラスで私のように気づかされ、感謝した俳優がどれほどたくさんいたことか──。

 私にとって大切なことは、感情と身体のコントロールを訓練として体験できたことだ。

 最初、説明を聞いた私は「なんだ、そういうことだったのか。先にそう説明してくれればよかったじゃないか」と思った。
 しかし、激しく泣いているその時だからこそ、役者は身体への要求に応えられなければ意味がないのであって、先に説明されたとしても身体で「分かる」ことができなかったのだ。そのことに気がついたのは、ずっと後になってからだった。


  (つづく)



 追記 2013年3月20日に、SAKURA ACTING PLACEでは体験ワークショップを開催いたします。




  Yahoo! JAPAN で「俳優」という言葉を検索してみてください。

Yahoo! JAPAN




 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

blogram投票ボタン  ←ブログランキング&成分解析サービス「blogram」に参加してます。こちらをクリックお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

2013年3月20日【体験ワークショップ】参加者募集

SAKURA ACTING PLACE
2013年3月20日【体験ワークショップ】参加者募集

「演技のオーソドクシィ(正統な基礎)とは?」「俳優の楽器とは?」「自然な演技とは?」「本物の俳優とは?」
演技に関する様々な疑問を抱えるあなたのためのワークショップです。まずはそのファースト・ステップを踏み出してみませんか? あなたの心と身体のバランスを知る体験をしてみてください。
あなた自身=「俳優の楽器」が整っていてこそ、良い演技が生み出されていきます!

【内容】
★感覚を開こう!
身体の余計な緊張を取り除き、感覚の記憶をたどってみてください。感じられますか? あなたの感じたものを内側に押し込めたままでは誰にも伝わりません。内側に向いた心の矢印を外側に向けること! 
まずは、自分の感じているものを素直に受けとめてみましょう!

★アクション・リアクション!
互いにいらない仮面を取り払い、相手役と向き合ってください。あなたの目は相手を見ていますよね? でも、本当に見ていますか? 見えたとき、あなたの中に何が起こりますか? 相手のすることに無反応になっていませんか? 俳優に求められる相手とのやりとり。コミュニケーションの本当の意味を考えてみましょう。


【ワークショップ詳細】

【日時】2013年3月20日(水・祝)13:30~16:30
【会場】田道住区センター三田分室(JR・東急目黒線 目黒駅から徒歩7分)
【参加費】高校生・大学生 1000円、一般 2000円
【申し込み】お名前、ご住所、当日連絡可能な電話番号、メールアドレス、経験者は簡単な経歴をご記入の上、下記E-MailかFAXにてお申し込みください。

E-Mail : s-a-p@sakuranotayori.com FAX: 03-3726-6887
URL: http://www.sakuranotayori.com


 【大学生のための特別演技ワークショップ】2013年3月3日~5月26日(全12回)もあります。
 【SAKURA ACTING PLACE】の年間を通したメインのコース(春・夏・秋・冬)もあります。

 詳しくは、公式サイト【SAKURA ACTING PLACE】を御覧下さい。


  Yahoo! JAPAN で「俳優」という言葉を検索してみてください。

Yahoo! JAPAN




 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

blogram投票ボタン  ←ブログランキング&成分解析サービス「blogram」に参加してます。こちらをクリックお願いします。

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

SAKURA ACTING PLACE【大学生のための特別演技ワークショップ】参加者募集

【SAKURA ACTING PLACE】
【大学生のための特別演技ワークショップ】参加者募集


〜「メソード演技」の基本とは?〜

 SAKURA ACTING PLACEでは、3月より「プロをめざす大学生のための特別演技ワークショップ」を開催いたします。ニューヨーク・アクターズ・スタジオの芸術監督リー・ストラスバーグに直接師事した守輪咲良が指導! 

 舞台に「いる」ということ。言葉がなくても観ている人に伝わる演技、とってもシンプルだけど、誰がみても素晴らしい演技! 舞台上の「本当」とは? あなた自身の「本当」を演技のなかに探っていきます。

 基礎が身についてこそ、あなたの俳優としての力が発揮されるのです。
 これからの日本のプロの俳優に必要な世界に通じる『正統な演技の基礎』を学びます。

【日 時】 3月3日(日)より5月26日(日)まで。週1回日曜日(全12回) 18:00〜21:00
 
 3月3日、10日、17日、24日、31日。4月7日、14日、21日、28日。5月12日、19日、26日。※5月5日(日)はお休みです。

【場 所】 東横線沿線・目黒区の住区センター

【募集人員】5人以上10人まで(先着順)

【参加費】 28.000円(全12回)(※一括払いのみ)入所金はありません。

【お申込方法】お名前、ご住所、連絡可能な電話番号、メールアドレス、志望動機、簡単な経歴などをご記入の上、FAXおよびE-Mailにてお送り下さい。

【お申込・お問い合わせ先】 E-Mail : s-a-p@sakuranotayori.com FAX: 03-3726-6887

公式サイトを御覧下さい。

公式サイト http://www.sakuranotayori.com/


----------------------------------------------------------------------

blogram投票ボタン  ←ブログランキング&成分解析サービス「blogram」に参加してます。こちらをクリックお願いします。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらもクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT


------------------------------------------------------------------------

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

FC2カウンター
2008年10月20日から数えて
プロフィール

sakuramoriwa

Author:sakuramoriwa
守輪咲良。演出家。演技私塾「櫻塾」代表。劇集団「咲良舎」主宰。日本演出者協会会員。一般社団法人日露演劇会議・常務理事。明治大学文学部卒。札幌市出身。

リンク
カテゴリ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード