スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守輪咲良活動日記No.29「教文演劇フェスティバル」ワークショップ・その1

「教文演劇フェスティバル」ワークショップ・その1


 さて、札幌市教育文化会館主催「教文演劇フェスティバル」4日間のワークショップが無事終了! 帰京して溜まった仕事に追われているうちに、またまたブログに書く機会を逃してしまう危険が・・・! いやいや今回はそうはならないぞ! と、日曜の午後、ようやく愛用のmacbook airに向かう。

 オリエンテーションから始まった今年のワークショップは、3年目にしてようやく手応えが少し見えてきた。まず、3年連続参加の受講者や、また、昨年受講の顔ぶれがあって、それぞれの顔の表情に変化が見られるのが何より嬉しい! 3日や4日の短い時間で何ができるだろうか、何かの「種」になれるだろうか、ワークショップについて回るこうした思いはいつもあるが、時間をおいてまた参加することで、3日間がただの3日ではなく、ずうっと何かがそれぞれのなかで続いているのかも知れないと思えたりする。

 教文フェスティバルワークショップ1

 今回、あらためて札幌演劇人たちの資質にとても興味を持った。指導が浸透していく感触が違う。なかなかみんなリアリストだし、シンプルさがある。それはこれからの演劇人にとって大切な資質だ。自信をもって、自分たちの持てる資質を花開かせていって欲しい! 
 
 教文フェスティバルワークショップ2

 さて、オリエンテーションで20数人の参加者からに出された質問は、それだけで演技書の目次になりそうなものだった。以下、思い出すまま並べると、

 ・自然な演技とは?
 ・緊張について
 ・役者の集中力ついて
 ・「ただそこにいる」とは?
 ・想像力について
 ・役へのアプローチについて
 ・客席に関して
 ・発声法について
 ・戯曲の読み方について
 ・セリフの暗記の仕方
 ・衝動について など。

 一番質問の多かった「自然な演技とは?」についてから話し始めたが、その他の質問もすべてこれに繋がっていくものだ。私自身、最近は「自然な演技」と言う言葉を使うのをやめようかと思っている。舞台での自然さは日常のなかでの自然さとは違うもので、誤解されて演技が小さくなっていく危険がある。
 スタニスラフスキーの言葉を引用すると、「俳優の芸術と創造は、現実の生活のなかではなく、芸術的構想によりつくられた生活のなかでなされる」である。

 舞台においての「自然な演技」は、まだまだ私たちの大きな課題だ。

 この日のオリエンテーションはネット中継の動画で見られるようになっているが、編集なしの3時間という長いもので見てもらうのが恐縮だ。

 http://www.ustream.tv/channel/kyobun-ws

 また、12日の演劇サイト「fringe」の記事でネット中継の試みが紹介されている。

 http://fringe.jp/topics/casestudies/20100812.html

 教文フェスティバルワークショップ3
 
 どの質問も上質で嬉しい質問ばかりだが、言葉だけで話していくと頭がパンパンになっていくような気がしたが、一度じっくり話す時間をとることで、次の日からのワークショップが何か違ってくるような気がした。

 つづく。

(守輪咲良)


----------------------------------------------------------------------

 守輪咲良の主催するSAKURA ACTING PLACEへの参加方法、劇集団咲良舎の上演記録、ワークショップ等の詳しい情報はSAKURA ACTING PLACE

blogram投票ボタン  ←ブログランキング&成分解析サービス「blogram」に参加してます。こちらをクリックお願いします。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらもクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT

スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ごめんなさい!今、気がつきました!

うわ~っ! たった今、甲斐さんの書き込みに気がつきました! 嬉しいですねえ。ありがとうございました! ワークショップの検証ですか!? それは楽しみですね。是非、お知らせ下さい。楽しみにしております。この稿の続きを書こうと思いながら、目前に控えていた日露演劇会議のワークショップの準備をはじめ、いろいろなものを抱えながら、毎日が目まぐるしく進んでいくものですから、なかなか書く時間がとれないうちにもう11月に入ろうとしています。本当にごめんなさい! また、皆さんにお会いできることを祈っております。
 

ありがとうございました

教文演劇フェスティバルではお世話になりました。
とても刺激的なWSだったです。

前々回のWSに参加したときは、「開放」が自分のテーマでした。
今回は更に「re-action」をテーマに参加しましたが、なかなか難しかったですね。
一人で演じてしまう、相手と勝負できないという課題がはっきりと見えました。

僕の劇団で守輪さんのWSの検証をしようと思っています。
そして今回WSに参加した人たちにも声をかけようと考えています。
その集まりがどうだったか、今度報告しますね。

それではまた。

甲斐
FC2カウンター
2008年10月20日から数えて
プロフィール

sakuramoriwa

Author:sakuramoriwa
守輪咲良。演出家。演技私塾「櫻塾」代表。劇集団「咲良舎」主宰。日本演出者協会会員。一般社団法人日露演劇会議・常務理事。明治大学文学部卒。札幌市出身。

リンク
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。