スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲良舎ランチシアター「チェホンテ・ア・ラ・カルト2」上演のお知らせ

 5月4日(金)、6日(日)分の公演を無事に終了できました。御来場いただいた皆様ありがとうございました。五週間後の6月9日(土)、10日(日)も公演がございます。そちらもよろしくお願いします。
----------------------------------------------------------------------

中目黒・楽屋公演
咲良舎ランチシアター
「チェホンテ・ア・ラ・カルト2」
上演のお知らせ

《チェホンテの世界》! ランチと一緒に楽しみませんか?



 4月7日・8日に上演いたしました咲良舎ランチシアター「チェホンテ・ア・ラ・カルト」に続いて、一部演目と出演者を変え、咲良舎ランチシアター「チェホンテ・ア・ラ・カルト2」を5月4日と6日に、同じく、中目黒「楽屋」にて上演いたします。

チェホンテ
それは、ロシアの世界的劇作家チェーホフの若き日のペンネーム。
書かれた300以上の短編小説や一幕物の戯曲はユーモアと笑いと風刺に満ち
かつ胸打たれる傑作、名作ぞろい。
彼のことを、あの文豪トルストイが絶賛しています。
春のウィークエンドのひととき、ランチを食べながら
「チェホンテ・ア・ラ・カルト」一品一品をじっくりお楽しみください。

☆演目
「水死芸人」
海で溺れるのを見せ、商売にしている水死芸人。。。

「家庭教師」
今月の給料は、あれを引かれて、これを引かれて、それも引くのですか?
え、たったのこれだけ。。。

「教育」
息子を一人前の男にするために、売春宿に連れていく父親。
はたして、彼は。。。

以上、チェーホフを意図した戯曲集「名医先生」より
作:ニール・サイモン

「熊」
一幕の笑劇。
夫が死んで、七ヶ月。
今だに喪服を身につけて、四つの壁の中へ
生きながらにして自分を閉じこめている。
そんな女の屋敷へ、借金取りに訪ねてきた男。
まさかの結末。。。

作:アントン・チェーホフ

☆演出 守輪咲良

☆制作 咲良舎

☆出演
大槻博之、春日井順三、北田浩之、齋藤綾子、志賀由美、高根稚子、高橋健夫、西村雄正、蓮池奈緒

☆会場
中目黒楽屋(らくや) http://rakuya.asia/
東京都目黒区上目黒2-15-6
(目黒銀座商店街二番街中程
二番街の大きな看板(真下の右側)が目印)
Tel/Fax  03-3714-2607
E-Mail   music@rakuya.net

ニューヨーク・アクターズ・スタジオとは?


 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

blogram投票ボタン  ←ブログランキング&成分解析サービス「blogram」に参加してます。こちらをクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
2008年10月20日から数えて
プロフィール

sakuramoriwa

Author:sakuramoriwa
守輪咲良。演出家。演技私塾「櫻塾」代表。劇集団「咲良舎」主宰。日本演出者協会会員。一般社団法人日露演劇会議・常務理事。明治大学文学部卒。札幌市出身。

リンク
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。