連載/俳優がおちいる「演技力」という幻想 第4回「飛び込んでから考える・・・ストラスバーグへの感謝」

連載/俳優がおちいる「演技力」という幻想 第4回「飛び込んでから考える・・・ストラスバーグへの感謝」 


 第3回へ戻る


 飛び込んでから考える・・・ストラスバーグへの感謝


 若かったから──ということもあるけれど、「飛び込んでから考える」という私の性癖はメソード演技を学ぶに適していたと思う。ストラスバーグの指導の仕方は全くそういうやり方だったから。
 そして、言葉のハンディキャップがかえって幸いしたのかも知れない。つまり、分かろうと分からなかろうと、とにかくやって、自分のやったことの何がよくて何がダメなのか・・・あとで考える。まずは「演ること」に集中するしかない。
 とにかく細かな質問をしたくとも、説明をしてもらいたくても、ほとんど取り合ってもらえないのだ。ストラスバーグとのやり取りはシンプルかつストレートで、あとは言われたことをやるしかない。だからぶつかるときは激しかった。

 ある時、エクササイズの最中に激しく泣いている私に目をとめたストラスバーグが「両腕を広げろ」と言う。私は広げたのだが「君はやっていない!」と言う。私は言われた通り両腕を広げている訳だから「やっている!」と言い返す──「いや、やっていない!」「やっている!」と、しだいにやり取りがエスカレートし、私は訳が分からず、ついにストラスバーグが「やらないなら出て行け!」と声を限りに叫び・・・私は涙も止まってなすすべもなく立ちつくし・・・。

 それから、ストラスバーグは私の何が違うのかを分かりやすく説明してくれた。私の広げている両腕には充分な力が入っていないと言う。
 つまり、「内面に起こっている強さ激しさは、それに見合うエネルギー(力)を身体の隅々にまで漲らせることができなければ、表現にまで持っていくことはできない」と言うのだ。
 なるほど確かに、その時の私の身体は感情に負けて弱々しく使い物になっていなかった。

 身体で「分かる」ことの重要さを、70代後半という高齢になっていたストラスバーグは自分の身体を張って徹底的に教えてくれた。

 私は今でもこのときの指導に心から感謝している。ストラスバーグのクラスで私のように気づかされ、感謝した俳優がどれほどたくさんいたことか──。

 私にとって大切なことは、感情と身体のコントロールを訓練として体験できたことだ。

 最初、説明を聞いた私は「なんだ、そういうことだったのか。先にそう説明してくれればよかったじゃないか」と思った。
 しかし、激しく泣いているその時だからこそ、役者は身体への要求に応えられなければ意味がないのであって、先に説明されたとしても身体で「分かる」ことができなかったのだ。そのことに気がついたのは、ずっと後になってからだった。


  (つづく)



 追記 2013年3月20日に、SAKURA ACTING PLACEでは体験ワークショップを開催いたします。




  Yahoo! JAPAN で「俳優」という言葉を検索してみてください。

Yahoo! JAPAN




 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

blogram投票ボタン  ←ブログランキング&成分解析サービス「blogram」に参加してます。こちらをクリックお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
2008年10月20日から数えて
プロフィール

sakuramoriwa

Author:sakuramoriwa
守輪咲良。演出家。演技私塾「櫻塾」代表。劇集団「咲良舎」主宰。日本演出者協会会員。一般社団法人日露演劇会議・常務理事。明治大学文学部卒。札幌市出身。

リンク
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード