スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日露演劇会議主催第10 回演劇教育研究会自立した俳優の仕事について〜俳優は与えられたテキストにどう取り組んでいくのか〜<

守輪咲良が常任理事をつとめる一般社団法人日露演劇会議主催のワークショップ参加者募集です。

※いよいよ、明日火曜日から金曜日まで開催されます。
参加者の皆さんよろしくお願いします。


一般社団法人 日露演劇会議主催
第10 回演劇教育研究会
自立した俳優の仕事について
〜俳優は与えられたテキストにどう取り組んでいくのか〜

「メソード演技」による演技の基本とは。
ヘミングウェイの短編小説「白い象のような丘」をテキスト※に使い、二人の間に何がおこっているか・・・役の内面と行動をさぐりながら、4回にわたってワークショップを開催する。
講師はNY アクターズ・スタジオのリー・ストラスバーグに「メソード演技」を学んだ守輪咲良。
ストラスバーグは「ゴッド・ファーザー2」に出演後、その指導が変わったと言われているが、その後期の指導を受けている。
※テキストは「白い象のような丘」か、ソーントン・ワイルダー作「わが町」からの抜粋のどちらか一つを選択してください。

第1回
そこに「いる」ということ
→自立した一人のクリエーターとして、俳優に求められること。「自分の本当」について。
第2回
「感覚」を働かせる
→心の動きに耳を傾ける。俳優の〈楽器〉について。
第3回
客席に開かれた演技について
→俳優に求められる〈集中〉とは。
第4回
メソード演技におけるIMPROVISATION(即興)について
→Speak Outとは?
Question&Answer(気づき)の手法について。

【日 時】 第1回3月22日  第2 回3月23日  第3回3月24日 第4回3月25日 11 時~15 時
【会 場】東高円寺駅より徒歩5分、指定スタジオ
【参加費】会員 全4回 2.000 円 (見学あり:各回500 円)
会員外 全4回 4.000 円
【募集人数】10 名(男性5 名、女性5 名)まで
※応募人数が多い場合、書類選考になります。
【参加資格】演技経験、舞台経験があること。
全4 回参加できる方を希望しています。
【申し込み先】office-nichiro@jrtf.jp(事務所)

【守輪咲良プロフィール】
NY アクターズ・スタジオのリー・ストラスバーグに師事。帰国後、「メソード演技」の指導開始。
18 世紀フランス古典喜劇作マリヴォーの作品を連続上演するなど、内面からの自発性にこだわる「メソード演技」を若い演技者たちと追求
スポンサーサイト

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
2008年10月20日から数えて
プロフィール

sakuramoriwa

Author:sakuramoriwa
守輪咲良。演出家。演技私塾「櫻塾」代表。劇集団「咲良舎」主宰。日本演出者協会会員。一般社団法人日露演劇会議・常務理事。明治大学文学部卒。札幌市出身。

リンク
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。