守輪咲良活動日記No.10 演技書体験

守輪咲良活動日記No.10  演技書体験


 演技書体験

 アメリカに行く前、ある年配の方からスタニスラフスキー「An Actor Prepares」「Building a Character」をいただいた。「もう使わないから」といただいたのだけど、赤い線があちこちに引いてあって、よく勉強したようだった。私のニューヨーク行きを実現させてくれた人で、アクターズ・スタジオの存在を教えてくれ、いろいろ手配をしてくれた恩人である。

 ニューヨークで最初に読んだのが「on method acting」だ。実際にメソードのレッスンを受け始めた頃は、まだいろいろ演技の本を読んでいた。でも何年か経って演技の深いところに触れるようになり、大きな壁にぶつかって、それまでの生活を変え、本を読むことをいっさいやめた。自分のすべてで〈そこ〉に存在することしかなかったから。日本に帰って指導をはじめてからも演技書は読まないできた。現場での体験そのものが何よりも勉強になっていた。

 それがここ数年、読みたくなるような本がいろいろ出版されはじめ・・・いや、新しく出たものばかりでなく、ページが茶色くなったような古本でも久々にスタニスラフスキーを読んでいる。ストラスバーグやアクターズ・スタジオの背景なども面白い。時を経た今、ようやく読めるようになったのだ。

 (守輪咲良)



 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT



スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
2008年10月20日から数えて
プロフィール

sakuramoriwa

Author:sakuramoriwa
守輪咲良。演出家。演技私塾「櫻塾」代表。劇集団「咲良舎」主宰。日本演出者協会会員。一般社団法人日露演劇会議・常務理事。明治大学文学部卒。札幌市出身。

リンク
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード