守輪咲良活動日記No.13  天才ワフタンゴフの〈創りだすために学ぶ!〉

守輪咲良活動日記No.13  天才ワフタンゴフの〈創りだすために学ぶ!〉


天才ワフタンゴフの〈創りだすために学ぶ!〉

 メソード演技スタニスラフスキーシステムを基盤にしながらも、ワフタンゴフに影響を受けていることを、日本では一般にあまり知られていないのではないだろうか? しかし、ワフタンゴフメソード演技を知るうえで、大変重要な人物なのだ。ワフタンゴフスタニスラフスキーの傑出した優秀な弟子で後継者であり、システムを基盤として新しい形の演劇、演劇に真の演劇性を復活させることを考えていた。

 ワフタンゴフは、すぐれた俳優であり、演出家であり、劇団の指導者であっただけでなく、演劇教師としての特殊な才能をもっていた。
 「創造とは最高度の集中のことだ」とワフタンゴフは言う。そして芸術にすべてを捧げた彼の一回一回の授業、稽古は二度と繰り返えされない創造的行為であり、公演同様「芸術の祭典」なのだ。

 「創りだすために学ぶ!」

 ワフタンゴフのこの一言のなかに、彼の演劇教育のすべてが語られている。生徒たちは一人ひとりが自分から自主的に仕事をし、創造的な独創力を身につけるよう指導され、そこから何人もの名優が育った。スタニスラフスキーワフタンゴフについて「彼は私のシステムを教えることにかけては私以上だ」と言ったという。

 ワフタンゴフが最後に演出した「トゥーランドット姫」は伝説となった。重い病にもかかわらず決して稽古を投げ出すことのなかったワフタンゴフは、39度の熱を出しながら夜中の3時に照明の配置を終え、通し稽古を見届け、朝、すべてが終わって帰宅したあと、初日を観ることなく三十九歳という若さで亡くなった。
 「トゥーランドット姫」は大変な評判となり、絶賛された。

 ストラスバーグについて勉強していた頃の私は、当面の自分の勉強で精一杯で、メソード演技の何がどうワフタンゴフに影響を受けているのか、当時はよく分かっていなかった。年月が経った今、改めてスタニスラフスキーを勉強していくと、ワフタンゴフメソード演技に与えた様々な影響、指導法の特徴などがよく見えてきて、いたく感動したりしている。

 先に書いたことだが、ワフタンゴフスタニスラフスキーシステムを基盤としながら様々な独自の創意工夫を重ねたように、その影響を受けたストラスバーグの仕事は、システムを基盤にアメリカで独自のメソード演技を飛躍的に発展させ、優れた俳優を数多く育てた。

 (守輪咲良)

 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT



スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
2008年10月20日から数えて
プロフィール

sakuramoriwa

Author:sakuramoriwa
守輪咲良。演出家。演技私塾「櫻塾」代表。劇集団「咲良舎」主宰。日本演出者協会会員。一般社団法人日露演劇会議・常務理事。明治大学文学部卒。札幌市出身。

リンク
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード