スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守輪咲良活動日記No.15  俳優の正しい『我』~テレビドラマ「刑事一代」を観て ~

守輪咲良活動日記No.15  俳優の正しい『我』~テレビドラマ「刑事一代」を観て ~


俳優の正しい『我』 ~テレビドラマ「刑事一代」を観て~


 昨夜、テレビドラマ「刑事一代」を観た。アメリカのアカデミー賞にもノミネートされ、国際的に活躍する俳優、渡辺謙さんの主演である。しかも昭和事件史のなかで、今も私たちの記憶に残る大きな事件、そしてその解決にかかわった実在の人物の話なのだ。テレビドラマはめったに観ないが、さすがに昨夜はテレビの前にしっかり陣取った。渡辺謙さんの存在感は勿論のことだが、犯人の妻役・余貴美子さんの演技に大きく惹きつけられた! 内面からしっかり創られた役の演技に目を見張った。日本の「映像」には世界レベルで確実に俳優が育っている。

 亡くなった松田優作さん、緒方拳さんなどもそうだが、こういった素晴らしい俳優たちが持っている尋常じゃない集中力があって、その集中力の核になっている〈我〉というものがある。長いこと「メソード演技」を指導してきて、大きな壁になっているのが日本人の〈我〉の部分だ。感情解放だけで良い俳優は育たないと常々言ってきているが、クリエイターとしての〈我〉がしっかりしないことには舞台に立ち切れず、感情も解放にはならず、垂れ流しになりやすい。

 一般に日本人は自分を主張することを良しとせず、家庭でも学校でも子どものころから自分の「我」を折るようにしつけをされて育つ。社会性を考えると、自分勝手や我がままはいけないことだと教わることは大切だけれど、同時に自分が正しいと思うことなどを主張する大切さも教わる必要があるはずだ。
 他人に気をつかうことばかり教えられ、長いこと自分を押さえつけているうちに自分が何を感じ、本当はどうしたいのか、分からなくなっている人がたくさんいる。

 演技指導の現場で、このことは大きな問題となる。具体的に「与えられた状況」のなかで自分がどう行動するのか、何を感じているのか・・・なかなか本当に本当のところで演技に取り組めない。自分をごまかしたり、状況から逃げたりしがちだ。また、相手役とのやりとりには相互作用、相互影響がある。

 ワフタンゴフの言葉を引用しよう。

 「自分の相手に対して、私たちは自分の〈我〉でもって、単に言葉や外見だけではなく、自分の全存在で行動する。この私の〈我〉の、相手役の〈我〉に対する働きかけを〈交流〉と呼ぶ」

 「刑事一代」の撮影現場には、ワクワクするような素晴らしい俳優の〈我〉〈集中力〉がみなぎっていたに違いない。今夜も後編を観る!


 (守輪咲良)


 守輪咲良と咲良舎の上演記録・ワークショップ等の詳しい情報はホームページ版「さくらの便り」へ。

 にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ ←ブログ村のランキングに参加してます。こちらをクリックお願いします。

BBS7.COM
MENURNDNEXT


スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブラックレイン

dejavueword様

咲良舎制作の新岳大典です。

コメントありがとうございます。
「ブラックレイン」は日本で映画公開された1989年10月に見ました。
その時、一緒に見た私の母が「松田優作、命がけだね、やばいよ」と言いました。
それからわずか二週間後の11月6日、松田優作は膀胱ガンで亡くなりました。
本当に驚いたことを覚えています。

演技をきちんと勉強すること。そして、演技の勉強は一生だということ。
これがまったく無視されている現状を悲しく思います。
実力よりも人目をひくということで、お笑い芸人やジャニーズ・タレントばかりが
キャスティングされる現状にも問題があります。
それでも、きちんとした姿勢をもった俳優を世に出すことをめざして、
咲良舎は地道な活動を続けてゆきたいと思います。

初めまして・・・

先日松田龍平君が出てた「剱岳点の記」を見て思い出したことがあります。
松田勇作さんの「ブラックレイン」での演技は凄みがあり、彼のファンでなかった私が思わず見入ってしまったことです。
役に徹することではロバート・デ・ニーロが有名ですが、スタニスラフスキーでは松田勇作さんも人後に落ちないのではないでしょうか?
昨今のタレントは演技の基礎もへったくれもなく、いい加減なドラマを手がけるメディアに毒され、ある意味可哀想だなと思います。
ご訪問、有難うございました。
蒲田辺りで、すれ違ってるかもしれませんね・・・
FC2カウンター
2008年10月20日から数えて
プロフィール

sakuramoriwa

Author:sakuramoriwa
守輪咲良。演出家。演技私塾「櫻塾」代表。劇集団「咲良舎」主宰。日本演出者協会会員。一般社団法人日露演劇会議・常務理事。明治大学文学部卒。札幌市出身。

リンク
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。